格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

格安SIMの端末補償サービスに注目!mineoの場合は?

mineoはdocomo回線とau回線を選んで契約でき、端末補償サービスが充実している格安SIMです。mineoの端末補償サービスは、セット購入した端末と持ち込み端末の両方を補償対象にできるのが魅力ですね。

格安SIMの端末補償サービスに注目!mineoの場合は?

mineoはdocomo回線とau回線を選んで契約できる

mineoでは、docomo回線とau回線のどちらかを選んで契約できます。当初はau回線のみの提供でしたが、2015年よりdocomo回線にも対応しました。auとdocomo、両方からの乗り換えを手軽にできるのがmineoのメリットです。

mineoの端末補償サービスは主に2種類

mineoは端末補償サービスが充実しており、セット購入端末向けの「端末安心保証サービス」と、持ち込み向けの「持込み端末安心保証サービス」の2種類を中心に展開されています。

格安SIMにおける端末補償はセット購入端末のみに対応するケースが多いのですが、mineoなら今まで使っていたスマホに補償を付けることも可能です。

「端末安心保証サービス」はセット購入した端末向け

「端末安心保証サービス」は月額370円(税抜)で、mineoでのスマートフォンやタブレットの購入時に同時に申し込むしくみです。後から加入はできないので注意しましょう。月額料金は、初月は日割りとなります。購入と同時に補償に入れるので、安心して届いた端末を使い始められます。

修理ではなく端末交換のサービス

「端末安心保証サービス」は、修理対応ではなく端末交換のサービスです。端末が自然故障や水濡れなどの事故で壊れたら、クロネコ端末安心保証ダイヤルに電話します。

保証期間内(mineo利用中、かつ、申し込み承諾から35ヶ月後の末日まで)に1回目は5,000円(税抜)、2回目は8,000円(税抜)で、端末を新品またはリファビッシュ品に交換できます。3回目以降の交換は実費が丸々かかってしまうので、注意しましょう。

一部端末は代替機貸し出し+修理対応の別サービス

一部の端末は「端末安心サポート」という別サービスが対象になります。月額370円(税抜)で、故障端末を修理に出すしくみです。

「端末安心保証サービス」と同様に、1回目は5,000円(税抜)、2回目は8,000円(税抜)の支払いが必要で、3回目以降は通常の修理費用がかかります。修理に出す際に代替品が貸し出され、修理した端末の返却時に代替品と交換することとなります。

「持込み端末安心保証サービス」では修理や交換での対応

mineoには持ち込み端末に補償をつけられる、「持込み端末安心保証サービス」もあります。こちらは修理か交換での対応で、月額500円(税抜)です。

費用は、修理費は1年に2回まで無料、3回目からは実費、交換の場合は、1回目が5,000円(税抜)、2回目が8,000円(税抜)、3回目からは実費となります。

適用回数は修理と交換合わせて、1年ごとにリセットされます。「端末安心保証サービス」と同じく、自然故障と事故に対応しています。

代替機の貸し出しは有料、Androidのキャリア端末は交換対応のみ

修理や交換時には代替機を貸し出してもらえますが、3,000円(税抜)と有料です。そしてiOS端末やSIMフリー端末は交換もしくは修理対応ですが、キャリアで販売されていたAndroid端末の場合は交換対応しか受け付けていません。つまり無料で修理してもらうことはできないことに注意が必要です。

申し込んだ翌々月の1日から補償対象期間になる

mineoの「持ち込み端末安心保証サービス」は、契約の翌月から課金が始まりますが、その時点ではまだ補償サービスは受けられません。補償が可能になるのは、さらにその翌月からです。

たとえば6月15日に申し込んだ場合、7月分から課金はスタートしますが、補償を受けられるのは8月1日以降になります。これは要注意ですね。

補償とウイルス対策をパックにしたものも

mineoには、「端末安心保証サービス」と「ウイルスバスター モバイル 月額版」をセットにした、「mineo安心パック2」があります。別々に契約すると月額640円(税抜)になりますが、「mineo安心パック2」は月額550円(税抜)のため90円安価です。

なお「端末安心サポート」と「ウイルスバスター モバイル 月額版」をセットにした「mineo安心パック」もあり、同じく月額550円(税抜)です。

端末のセット購入にのみ対応

「mineo安心パック」「mineo安心パック2」は、端末のセット購入にのみ対応しています。もし持ち込み端末に補償をつけつつ「ウイルスバスター モバイル 月額版」も利用したいなら、別々に契約する必要があります。

まとめ

mineoでは、新しくセット購入する端末と手持ちの端末のどちらにも補償を付けられます。いずれも保証期間は決まっているので、それを過ぎたら新しいスマホに機種変更するのもよいかもしれません。端末補償を重視する人は、mineoへの乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

おすすめのMVNO
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!