格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

NifMo独自の魅力をチェック!法人サービスにも注目

MVNOの中でも人気のNifMoは、個人だけではなく法人での契約も可能です。法人用のサービスや契約プランなども用意されていますが、その魅力とはどんなものでしょうか?NifMoの法人向けサービスをチェックしてみましょう。

NifMo独自の魅力をチェック!法人サービスにも注目

法人向けプランの費用は?

法人向けプランの費用はとてもシンプルで、初期費用は登録手数料の3,000円(税抜)に、必要な場合のみ端末代金、となります。月額料金は、契約タイプ料とデータ通信プラン料に音声通話などの従量料金とオプション料金が加わることになります。

契約タイプ料はデータ通信専用SIMが0円、SMS対応SIMが150円、音声通話対応SIMが700円です(いずれも税抜)。

法人向けプランの通話料は?

通話料は、通常の国内通話料が20円/30秒ですが、専用アプリ「NifMo 半額ダイヤル」から発信するか、専用のプレフィックス番号を付けて発信すれば半額の10円/30秒で通話が可能です。

また、IP電話アプリ「NifMoでんわ」を利用すると、月額1,300円(税抜)で国内はかけ放題、海外も月額2,700円(税抜)でかけ放題となります。

法人向けプランで選べるオプション

法人向けプランのオプションとして、ウイルス対策、紛失・盗難対策ができる「常時安全セキュリティ24モバイル」が月額200円(税抜)で用意されています。

そのほか画面割れや水濡れ、破損などスマホのトラブルが起こった際に、補償上限金額を40,000円(非課税)として端末の修理・交換が可能な「NifMo あんしん保証 for SIMフリー」が月額380円(税抜)で利用可能です。

法人向けにはどんなデータ通信プランが?

法人の場合、どんなプランを選ぶことができるのでしょうか?まず通常の高速データ通信プランとしては、個人向けと同じく月額900円の「3GBプラン」、月額1,600円の「7GBプラン」、月額2,800円の「13GBプラン」があります。

そのほかにも月額640円の「1.1GBプラン」、さらに通信速度が低速で月額480円の「スタートプラン」があります(いずれも税抜)。法人の場合、これ以外に法人シェアプランと特化プランも選ぶことができます。

法人シェアプランとは?

法人シェアプランは複数のSIMカードでデータ容量を分け合うことが可能なプランで、5GBプランが月額1,800円(税抜)、10GBプランが月額3,200円(税抜)となります。

たとえば20GBの容量が希望であれば10GBプランを2つ契約することで20GBを複数のSIMカードでシェアできるようになります。また、SIMカードは1枚につき月額400円(税抜)で追加できます。

特化プランとは?

特化プランには上り特化プランと夜間特化プランがあります。上り特化プランは送信時のみ50Mbpsの高速通信で下りは200Kbpsの低速通信となっており、1.1GBプランが月額500円(税抜)、10GBプランが月額1,180円(税抜)です。

また、夜間特化プランは22時から6時の間だけ下り375Mbps、上り50Mbpsの高速通信となるプランで、3GBプランが月額520円(税抜)となっています。

法人シェアプランと特化プランの利用例は?

これら特殊な法人シェアプランや特化プランには、どのような利用方法があるのでしょうか?通常のプランであれば、社員が100人いれば個別に100契約となりますが、社員によっては毎月データ通信容量があまる人もいれば、足りなくなる人もいてムダが生じることがあります。そんな時に便利なのが、法人シェアプランです。

法人シェアプランはデータ通信容量を繰り越せる

法人シェアプランの場合、同一契約内で複数のグループを設定してデータ容量をシェアできます。そのため、たとえばある部署は20人で15GBのデータ容量をシェアして使う、別の部署30人で40GBのデータ容量をシェアして使う、といった使い方ができるのです。

また、データ通信容量が余った際は翌月に繰り越せるので、たまたまデータ通信利用が少ない月があったとしてもムダになりません。

特化プランはM2MやIoTでの利用を想定

特化プランはおもに、機械同士でデータを送受信するM2Mや、モノをインターネットに接続するIoTサービスでの利用を想定しています。

防犯カメラから映像を送信する場合やPOSレジのデータを送信する場合などは上り特化型がおすすめで、夜間帯のみデータをやり取りする機械などには夜間特化型がおすすめです。また、データ送受信を行う機械が大量にある場合は法人シェアプランでSIMカードを100枚契約することなども可能です。

法人サービス専用の「管理者ツール」

法人の管理者用として「管理者ツール」が用意されています。このツールを利用すると、SIMカードの新規注文や契約状況の照会、各種変更手続きなどがオンライン上で行えます。

契約中のSIMカードはグループ別に管理でき、料金の明細なども確認できます。また、内容をCSV形式のテキストデータでダウンロードすることも可能です。

管理者ツールを利用する際の注意点は?

管理者ツールの利用に関して料金は発生しませんが、専用のログインIDとパスワードが必要となります。また、ここからNifMoを解除した場合でも@niftyIDは残ってしまい、料金が発生するため、別途@niftyIDの解約処理が必要となります。

端末の購入もできないため、端末は申込書で購入手続きをしなくてはいけません。こうした点に注意が必要となります。

まとめ

NifMoには法人でも使いやすい独自のサービスがたくさんあります。また、導入を検討している場合は1週間無料で使い勝手を試すことができる「SIMカードお試しサービス」もあります。

本契約の前に回線速度や提供エリア、利用できる端末などを確認できるため、検討している場合は、まずお試しサービスを申し込んでみるといいかもしれませんね。

おすすめのMVNO
NifMo2016年オリコン日本顧客満足度MVNO(スマホ)第1位!「NifMo バリュープログラム」でもっとお得!もっと節約!