格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

カウントフリー!その4・BIGLOBE SIMは音楽と動画ストリーミングに強い!

指定のサービス利用にかかったデータ通信量がカウントされない「カウントフリー」。今回の記事ではBIGLOBE SIMのカウントフリーオプションについて取り上げます。どんなアプリがカウントフリーになるのか、メリットとデメリットも含めて解説します。

カウントフリー!その4・BIGLOBE SIMは音楽と動画ストリーミングに強い!

BIGLOBE SIMのカウントフリー対象となるサービスは?

BIGLOBE SIMのカウントフリーサービスは「エンタメフリー・オプション」という名称で提供されています。エンタメフリー・オプションで通信量が無料になるサービスは、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jpです。(2017年6月現在)

追加を希望するサービスをユーザーがリクエストできる

エンタメフリー・オプションの対象サービスは現在7種類だけですが、今後も追加予定とのことです。ユーザー側からもエンタメフリー事務局(countzero-req-usr@bcs.biglobe.ne.jp)に追加希望のサービスをリクエストできます。状況によっては、希望のサービスが今後追加されるかもしれません。

エンタメフリーはオプション扱いのため別途申し込みが必要

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションは名称の通りオプションサービスのため、利用を希望するユーザーは申し込み手続きをする必要があります。

新規でBIGLOBE SIMのモバイル回線を契約する場合は、新規申込時にエンタメフリー・オプションのチェックボックスにチェックを入れます。すでにBIGLOBE SIMを契約済みの場合はモバイル契約情報ページからON/OFFを切り替えられます。

エンタメフリー・オプションは3GB以上のプランを契約する必要がある

エンタメフリー・オプションを申し込むためには、BIGLOBE SIMの3GB、6GB、12GB、20GB、30GBプランのいずれかを契約している必要があります。

エンタメフリー・オプションは月額480円から利用できる

エンタメフリー・オプションは、初期費用無料で月額480円(税抜)から利用できます。動画や音楽のストリーミングサービスを日常的に利用する場合、通常は多くのデータ量を消費します。しかしこのオプションを申し込めば、カウントフリー対象のサービスに対しては通信量を気にする必要がなくなります。

データSIMと音声SIMで料金は異なる

ただし、データ通信専用SIMと音声通話機能付きSIMで月額料金は異なります。音声通話機能付きSIMの場合は月額480円(税抜)ですが、データ通信専用SIMの場合は月額980円(税抜)となります。

対象となる動画サービス少ないのが残念

音楽ストリーミングサービスもデータ消費量は少なくありませんが、より大量に消費するのは動画ストリーミングサービスです。BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションは対象となる動画サービスが2つだけとやや寂しいところがあります。Hulu、Amazonビデオ、Netflixといった大手動画サービスはカウントフリー対象になっていません。

データを大量に消費する動画サービスこそ充実してほしいと思っているユーザーも多いことでしょう。BIGLOBE SIMでは今後エンタメフリー・オプションの対象を追加する予定とのことなので、期待したいところです。

Apple Musicの動画もカウントフリー対象外

Apple Musicではミュージックビデオも提供されているのですが、残念ながらビデオ再生はカウントフリーの対象外となっています。音楽再生はカウントフリーの対象ですが、ビデオを観たい場合にはWi-Fi環境で利用したほうがよさそうです。

まとめ

エンタメフリー・オプションは、データ消費量が多い動画ストリーミングサービスや音楽ストリーミングサービスがカウントフリーの対象になっています。これらのサービスを日常的に利用していて、データ使用量が気になるという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのMVNO
BIGLOBE SIMBIGLOBE SIMなら格安SIMで懸念されている通話料金を、「3分かけ放題」まはた「通話パック60」の通話オプションでお得に通話!