格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

知らなきゃ損!データ使用量を節約する裏技

スマホの設定を見直したり、使い方を工夫したりするだけでデータ通信量は節約できます。毎月データ通信の使い過ぎで速度制限にひっかかって困っている人は、ぜひチェックしてみてください。

知らなきゃ損!データ使用量を節約する裏技

ブラウザの設定を見直す

データ通信量を節約する手っ取り早い方法が、ブラウザの設定見直しやブラウザそのものを変えることです。Google ChromeやOpera Miniはサイトを読み込む際に、データの圧縮と最適化を行う機能があるため通信量を節約できます。次の手順で設定変更してみてください。

[Google Chrome]データセーバーをONにする

Google Chromeにはデータ通信量を節約できる設定があります。設定から「データセーバー」を選び、スライダーでONにするとデータの消費を抑えることができます。

[Opera Mini]データ圧縮モードをONにする

Opera Miniはデータ通信量を節約できるブラウザとして定評があります。ブラウザの下部にある"O"マークから、「データ圧縮」へ移動します。圧縮モードは「自動」「超高」「高」とあり、好みに合わせて設定しましょう。ほかにも、画質を選択したり、広告をブロックすることもできます。大きな通信量がかかる動画を最適化する「ビデオブースト機能」もあるので、ONにしておきましょう。

アプリの設定を見直す

ブラウザの設定変更を行ったら、ほかのアプリの設定も見直してみましょう。アプリは操作していなくても、アップデートの際などにバックグラウンドで通信を行うため、データ通信量を消費します。以下の手順で設定を見直してみるとよいでしょう。

自動更新機能をOFFにする

iPhoneの設定方法

  1. 「設定」から「iTunes & App Store」の項目に移動する。
  2. 「アップデート」をスライダーでOFFにする。

Androidの設定方法

  1. 「Playストア」を開き、メニューを表示して「設定」をタップする。
  2. 全般の中の「アプリの自動更新」をタップして「自動更新は一切しない」を選択する。

アプリのバックグラウンドでの通信をOFFにする

iPhoneの設定方法

  1. 「設定」から「一般」に移動、「Appのバックグラウンド更新」を選択する。
  2. 「Appのバックグラウンド更新」をOFFにすると、全アプリのバックグラウンドの通信をOFFにできる。個別にOFFしたい場合は、下のアプリの一覧から行う。

Androidの設定方法

Androidの場合、「設定」から行えますが、その後は機種によって異なります。「データ使用量」といった項目から行える場合が多いようです。「バックグラウンドデータを制限する」や、Android7.0以降は「データセーバー」などをONにします。

アプリ使用時の節約ポイント

ブラウザやアプリの設定変更だけでなく、アプリの使用方法を工夫することもデータ通信量を節約するひとつの手段です。いろいろな方法がありますが、ここでは使用頻度が高く、データ通信量を大幅に消費するアプリに絞って説明します。

SNSの動画自動再生、画像プレビューをOFFにする

FacebookやTwitterなどのSNSを使っていると、タイムラインに流れてくる動画が自動で再生されます。「自動再生機能」や「画像プレビュー機能」をOFFにすることでデータを節約できます。

音楽は端末にダウンロードして聞く

音楽をストリーミングで聴くこともデータを消費します。Apple MusicやLINE MUSIC、Google Playミュージックなどのアプリを使用する場合は、端末に音楽をダウンロードして聴くようにします。端末にダウンロードする際もデータ通信量を消費するため、Wi-Fiを使ってダウンロードします。

積極的にWi-Fiを使う

データ通信量を大幅に節約する方法は、端末をWi-Fiにつなぐことです。Wi-Fiに接続すると、MVNOの通信回線ではなく、Wi-Fi経由でインターネットに接続するため、データ通信量を消費しません。無線LANルータが自宅にある人は、なるべくWi-Fiに接続するとよいでしょう。外出先でも、コンビニやカフェなどのお店が公衆無線LANを提供していることがあります。また、契約者向けにWi-Fiスポットを無料で提供している格安SIMもあり、Wi-Fiを利用できる範囲が広がります。

Wi-Fiスポットが無料で使える格安SIM

OCN モバイル ONE

約83,000ヶ所の駅や空港、カフェなどで使用が可能です。事前にアプリのインストールや手続きが必要です。

U-mobile

約82,000ヶ所の駅やカフェ、ホテルなどで高速インターネットが使えます。Androidの場合は、アプリをインストールすると、自動でWi-Fiに接続されます。iPhoneの場合は、アプリをインストール後、初回のみ設定が必要です。

まとめ

スマホの設定見直しや、Wi-Fiに接続することでデータ通信量は節約できます。データの使い過ぎで、速度制限にかかりやすい人はぜひ試してみてください。格安SIMの中にはWi-Fiスポットが無料で使える会社もあります。どこと契約するか迷っている人は、その点にも着目してみてはいかがでしょうか。

おすすめのMVNO
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
U-mobile音楽聴き放題のUSEN MUSIC SIMやLTE使い放題プラン・U-mobile SUPERなど、スマートフォンをたくさん利用するユーザーも納得でお得なプランが充実!