格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

BIGLOBE SIMなら電気代もお得に?今後格安SIMは生活密着型へ

MVNOの中には通信サービス以外に独自のサービスを提供しているところもあります。今回はその中でも「電力」という、格安SIMとの関連がイメージしにくいサービスを提供しているBIGLOBEについて取り上げます。

BIGLOBE SIMなら電気代もお得に?今後格安SIMは生活密着型へ

BIGLOBEでんきをSIMとセットで利用するとお得になる

BIGLOBEでは「光☆SIMでんきトリプル割」という割引サービスを実施しており、「ビッグローブ光」「BIGLOBE LTE・3G」「中部電力 カテエネプラン for BIGLOBE」を一緒に使うと、月額料金が月々400円割引されます。

中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEは電気代がそもそも安い

中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEとは、中部電力が東京電力管内のBIGLOBE会員向けに提供するお得な電気料金プランです。

東京電力で従量電灯B・40Aを契約し、4人世帯の目安である月450kWhを利用した場合、通常であれば月額11,711円(税抜)になりますが、中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEでは10,908円(税抜)になります。これは月に約800円、年間で約9,600円も安くなる計算です。

電力自由化で消費者は電気事業者を選択できるようになった

2016年4月から電力小売の全面自由化が始まり、消費者が電気会社を自由に選んで契約できるようになりました。これにより、料金の安い電力会社や電気料金プランを選択して、月々の支出を減らすことが可能になりました。

中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEはビッグローブ光の契約者が対象

中部電力 カテエネプラン for BIGLOBEは誰でも契約できるわけではありません。ビッグローブ光を契約しているユーザーが対象となるため注意が必要です。

中部電力カテエネ for BIGLOBEは地域が限られている

中部電力カテエネ for BIGLOBEが利用できる地域は限られています。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部といった東京電力管轄内である必要があり、それ以外の地域では契約することができません。

今後は別の地域でもBIGLOBEでんきが利用できる可能性も

中部電力カテエネ for BIGLOBEは電力サービス「BIGLOBEでんき」の第1弾と位置付けられています。今後は第2弾、第3弾…とサービスが拡大し、首都圏以外でもBIGLOBEでんきが利用できるようになるかもしれません。

MVNOは光回線とのコラボレーションで囲い込みを図っている

いくつかのMVNOでは「光コラボレーション」と呼ばれる、光回線サービスと格安SIMとのセットで割引を提供しているところがあります。格安SIMと固定回線の両方を自社で契約してもらうことで、競争の激しい格安SIM業界においてユーザーの囲い込みを図っているのです。

今後MVNOは、生活に密着したサービス展開も

今のところMVNOで多いのは、格安SIMと光回線をセットにしたサービスですが、今後は生活全般でサービスを提供することが予想されます。今回の記事で取り上げたように電気料金と格安SIMをセットにしたり、ガス料金と格安SIMをセットにしたりと、より私たちの生活に密着したサービスを扱うことも予想されます。

まとめ

MVNOはスマホ向けのモバイルネットワークに限らず、PC向けの固定回線とのセット販売でユーザーの囲い込みを図っています。

今後は固定回線だけでなく、電気やガスといった生活に密着したインフラとのセット販売を行うことで、競争が激しくなる業界でユーザーの新規獲得や流出防止を図っていくことが考えられます。

おすすめのMVNO
BIGLOBE SIMBIGLOBE SIMなら格安SIMで懸念されている通話料金を、「3分かけ放題」まはた「通話パック60」の通話オプションでお得に通話!