格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

格安SIMでLINEを使う際に注意すべきポイントは?

格安SIMでLINEを使う際には、大手キャリア利用時にはない注意点があります。今回は格安SIMでLINEを使う上で気を付けるべきポイントについて解説します。

格安SIMでLINEを使う際に注意すべきポイントは?

格安SIMでもLINEは普通に使える?

大手キャリアと比べて制約がある格安SIMでもLINEを使えるのか、不安に思っている人もいることでしょう。しかし、格安SIMでもLINEは利用できます。トークや無料通話はもちろん、スタンプや着せ替えなども大手キャリア利用時と同じように使えます。

大手キャリア利用時にはない注意点がある

しかし、格安SIMでLINEを使う際には大手キャリア利用時にはない注意点があります。実際にはそこまで大きな問題ではないのですが、しっかり理解しておかないと大手キャリアでの利用時と使い勝手が違って後悔した、ということになりかねません。

格安SIMでLINEを使う場合は、格安SIM利用時ならではの注意点をしっかりと把握しましょう。

ID検索ができない場合が多い

格安SIMでLINEを使う際に最も注意しないといけないのが、ID検索ができなくなる場合があることです。

ID検索を使うには事前にLINEの年齢認証をしないといけません。しかし年齢認証は大手キャリアのシステムを利用して行われるので、格安SIMでは年齢認証が行えません。

年齢認証ができないので、結果的にID検索もできないのです。

LINEモバイルとY!mobileはID検索ができる

ただし、格安SIMでもLINEモバイルとY!mobileだけはID検索が可能になっています。LINEモバイルはLINEを運営しているLINE株式会社の子会社が運営しているため、契約するだけで本人確認(年齢認証)をしたことになるからです。また、Y!mobileはSoftBankのサブブランドであるため、SoftBankのシステムを利用して年齢認証ができます。

年齢認証済のスマホで格安SIMを使う場合は年齢認証が可能

なお、格安SIMを新規購入端末でなく、すでに年齢認証済みのキャリアスマホで使う場合はID検索を行うことができます。

年齢認証はSIMカードではなく端末単位で行われます。そのため一度年齢認証したスマホでそのままLINEを使う場合は年齢認証済の状態なので、ID検索を行うことができます。

格安SIM契約時にはSMS機能付きのプランを選ぼう

データ通信専用の格安SIMでLINEを使う際には、SMS機能付きのプランを選ぶのがおすすめです。LINE自体はSMS機能がなくても利用できますが、SMS機能がないと不便な点がいくつか出てくるので、できる限りSMS機能付きのデータ通信SIMを選ぶようにしましょう。

メールアドレス登録による引き継ぎの場合はSMS機能が必要

大手キャリアから格安SIMに乗り換えてLINEを使う場合、LINEアカウントの引き継ぎが必要です。LINEアカウントの引き継ぎは事前にメールアドレス登録をしておくことで可能ですが、引き継ぐ際にはSMSによる認証も必要になります。

アカウントを引き継ぐ場合だけでなく、新規で登録する場合もSMS認証が必要なため、SMS機能付きプランを選んだほうがよいでしょう。

SMSがないとLINE Outが使えない

LINE OutはLINEから携帯電話や固定電話に通話できるLINEの機能です。データ通信専用SIMでも通話ができるのがメリットですが、LINE Outは最初に電話番号で認証を行います。

そのため、データ通信専用SIMでLINE Outを使う場合はSMS機能が必要になります。

SMSなしでLINEを登録・引き継ぐ方法と注意点

LINEの登録や引き継ぎにはSMS機能が必要と説明してきましたが、実は場合によってはSMSなしでも登録や引き継ぎが可能です。

SMSがないと不便な点があるため、基本的にはSMS機能付きのプランをおすすめしますが、どうしてもSMS機能がないプランでLINEを使いたい場合はこちらの方法を試してみましょう。

Facebookアカウント認証を利用する

実はLINEの引き継ぎ方法はメールアドレス登録以外に「Facebookアカウント認証」という方法もあります。あらかじめLINEアカウントとFacebookアカウントを紐付けしておき、LINEを引き継ぐ際にメールアドレスの代わりにFacebookアカウントでログインすることでLINEを引き継いで使うことができます。

しかし、この方法ではLINE Outは使えません。

ガラケーの電話番号を使う

格安SIM以外にガラケーを利用している場合は、ガラケーの電話番号を使ってSMS認証を行うことができます。やり方は、電話番号を入力する画面でガラケーの電話番号を入力するだけです。するとガラケーにSMSで認証番号が届くので、その番号を入力すればOKです。

ただし、この方法を使うとそのガラケーの電話番号では新しくLINEを登録できなくなるのでご注意ください。

まとめ

格安SIMでもLINEを使うこと自体はできますが、ID検索が使えない場合が多い、SMS機能がないとLINE Outが使えないなど、格安SIMならではの注意点もあります。

格安SIMでLINEを使う際は、このような注意点をしっかり頭に入れて利用しましょう。

おすすめのMVNO
LINEモバイルLINEモバイルなら主要SNSの通信量がかかりません。LINE、Twitter、Facebook、Instagramをたくさん使う人に嬉しいサービスとなっています♪また、月額利用料金に応じてLINEポイントがもらえます!
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!