格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

格安SIMの端末補償サービスに注目!IIJmioの場合は?

docomo回線かau回線を選んで契約できるIIJmioでは、セット購入したSIMフリー端末や持ち込み端末に補償を付けることができます。

格安SIMの端末補償サービスに注目!IIJmioの場合は?

IIJmioは2種類の回線を選べる格安SIM

IIJmioは大手プロバイダの株式会社インターネットイニシアティブが手掛ける格安SIMで、docomo回線が使われているタイプDとau回線のタイプAのどちらかを選んで契約可能です。

docomoやauからの乗り換えに最適ですが、タイプAはVoLTE対応端末のみへの提供であるため、持ち込みで使える端末は限られてくることに注意が必要です。また、au端末であっても、SIMロックの解除が必要です。

2種類の端末補償を展開

IIJmioでは、契約時にセット購入した端末向けの補償サービスである「端末補償オプション」と、持ち込み端末向けの「つながる端末保証」の2種類を用意しています。

セット購入した端末だけでなく、キャリア端末やほかで購入したSIMフリー端末も補償対象にできるのは大きなメリットです。

「端末補償オプション」はセット購入端末の補償サービス

IIJmioの「端末補償オプション」は、セット購入した端末にのみ適用できる端末補償サービスです。月額料金は基本的に380円(税抜)ですが、HUAWEI P10とP10 Plusについては500円(税抜)に設定されています。

年に2回まで補償を利用でき、1回目の交換代金は5,000円(税抜)、2回目は8,000円(税抜)になります。

最短で翌日に交換端末を配送

使っている端末が壊れてしまったら、電話で端末交換の手続きを行います。午前中に手続きを終えれば、その日のうちに航空便で交換品が発送されるので、一部地域を除いて翌日に交換品を受け取れます。

「つながる端末保証」はdocomo・auキャリア端末、およびSIMフリー端末が対象

IIJmioで提供されている「つながる端末保証」は、docomoとauのキャリア端末やSIMフリー端末が補償対象です。月額料金は500円(税抜)で、注意しなければいけないのはSIMカード契約時にしか加入できないことです。後から持ち込み端末に補償を付けることはできません。

年に2回まで利用可能

「つながる端末保証」は、修理と交換合わせて年に2回まで利用できる保証サービスです。端末の交換は、1回目は4,000円(税抜)、2回目は8,000円(税抜)でできます。

また、修理は50,000円(税込)までは無料になりますが、それ以上は差額支払いとなります。iOS端末とモバイルルータは修理、Android端末とWindows端末は修理か交換での対応となります。

代替機の貸し出しも

つながる端末保証で補償を受ける場合、必要であれば代替機を貸し出してもらえます。端末補償オプションに比べて手続きに時間がかかるため、必要だと感じたらしっかり代替機を貸し出してもらうのがおすすめです。

「つながる端末保証」の注意点

「つながる端末保証」にはさまざまな注意点があります。まず、Wi-Fiのみに対応した端末は対象外です。一方モバイルルータは補償対象なので、もしモバイルルータでIIJmioを使うのであれば、加入しておくとよいでしょう。

非正規の修理サービス、SIMロック解除サービスを利用した場合は対象外

なお、端末修理やSIMロック解除の「非正規」サービスを利用した端末では「つながる端末保証」に加入できません。特にiPhoneユーザーの場合、街中にある非正規修理サービスを利用したことがある人も多いと思われますので、注意が必要です。

au端末に適用する場合SIMロック解除が条件

IIJmioの「つながる端末保証」は、当然IIJmioを利用する端末が対象になります。そのため、au端末を利用する場合は、正規のSIMロック解除手続きが必須になります。

まとめ

IIJmioには「端末補償オプション」と「つながる端末保証」があります。Android端末、iOS端末、Windows端末、モバイルルータを保証対象にできますが、Wi-Fiモデルの端末などは対象外なので気をつけましょう。

なお「つながる端末保証」は2017年6月現在、契約後最大2ヶ月無料で利用できる期間限定特典があるので、IIJmio契約時に持ち込み端末を使う場合は利用を検討してみてください。

おすすめのMVNO
IIJmio老舗の格安SIMといったらIIJmio!通信のノウハウに自信があり、高品質な通信を提供しています。docomoとauの両回線を扱っているので乗り換えも簡単にできちゃいます!