格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

キャリア版Androidスマホで格安SIMを使う際の利点・注意点は?

格安SIMはSIMフリースマートフォンだけでなく、キャリアで販売されているiOSやAndroid端末でも使えます。しかしキャリア版のAndroidスマホで使う場合、いくつか気をつけるポイントがあります。

キャリア版Androidスマホで格安SIMを使う際の利点・注意点は?

3大キャリアではSIMロックがかかったAndroidスマホを販売している

docomoなどの3大キャリアで販売されているスマートフォンには「SIMロック」がかかっています。しかしdocomoのスマホはそのままdocomo回線の格安SIMで使用可能ですし、auスマホもVoLTE非対応ならそのままau回線の格安SIMで使えます。その他の場合はSIMロックを解除することで、格安SIMで使用可能となります。

格安SIMでキャリア版Androidスマホを使うなら、まずはSIMロックを解除しよう

2015年5月以降に発売されたキャリア版スマホは、SIMロック解除が可能です。それ以前の機種についてもSIMロック解除が可能なものがいくつかあります。特にSoftBankやau(VoLTE対応)のスマホを格安SIMで使いたい場合は、必ずSIMロックを解除しましょう。

キャリア版Androidスマホのメリットは、高性能端末を中古で安く買えること

キャリア版のAndroidスマホを格安SIMで使うメリットは、新品価格が10万円近いものを選べば高性能かつ機能も豊富なので、快適に使えることです。

また、キャリア版のAndroidスマホは高級機でもしばらく経つと中古で安く購入できるようになるため、機能・性能重視の人には同じ値段でSIMフリースマホを買うよりもお得ですね。

最新OSへのアップデートはあまり期待できない

Androidスマホの注意点として、最新OSへのアップデート対応が機種によってまちまちということが挙げられます。

キャリア版の比較的新しい高級機であっても、発売時点の搭載OSからアップデートできない機種は普通に存在します。中古端末の場合、OSアップデートにはあまり期待しないほうがよいでしょう。

キャリア版Androidスマホはキャリア向けアプリが多数インストールされているのが難点

キャリア版Androidスマホには、デメリットもあります。まず挙げられるのが「キャリア向けアプリ」の存在です。キャリアで販売されているAndroidスマホには、何本ものアプリがプリインストールされています。キャリア向けのサービスなので、格安SIMでは使えないものもいろいろあります。

使わないアプリから頻繁に通知が来るケースもある

キャリア向けアプリの中には、初期設定を行うための通知を頻繁に送ってくるものもあります。この場合格安SIMでは設定ができないために、何度も同じ通知が来てしまいます。

キャリア向けアプリが入っているだけでも容量を圧迫されるのに、不要な通知まで送ってくるのは困りものですね。

キャリア向けアプリには削除できないものもある

不要なキャリア向けアプリは、アンインストールしたり無効にすることで本体から削除できる場合があります。しかしすべてのキャリア向けアプリが削除できるわけではなく、中には絶対に消せないようにロックされているものもあります。それらについてはそのままにしておくしかありません。

キャリア版スマホでは格安SIMでテザリングできないこともある

発売時期が2015年ごろまでのdocomo版Androidスマホは、ほとんどが格安SIMではテザリング不可です。ちなみにiPhoneの場合は、au回線の格安SIMではテザリングできないケースが多いです。

このように、キャリア版スマホでは格安SIMでのテザリングが不可能な場合があるので注意しましょう。

テザリングができるかどうかは、格安SIMの公式サイトから確認できる

自身が保有しているキャリア版Androidスマホで格安SIMを使ってテザリングができるかどうかは、契約を検討している格安SIMの公式サイトにある「動作確認端末リスト」などで確認できます。キャリア版Androidスマホを格安SIMで使いたい場合は、確認してみましょう。

しかし、中には動作確認が行われていない端末もあります。その場合はインターネットで情報を探って動作報告例が見つからなければ、実際に契約してみるしか確かめるすべはありません。

まとめ

キャリア版Androidスマホは高性能・高機能かつ中古で安く購入可能と、メリットは多数あります。しかしキャリア向けのアプリがたくさん入っていて邪魔だったり、テザリングできない場合があったりとデメリットもいくつかあります。

これらをふまえたうえで、キャリア版Androidスマホを格安SIMで使いたいなら、契約予定の格安SIMで動作確認が行われている機種を選ぶのがおすすめです。

同価格帯の機種と比べてもコスパが高いので、低価格で長時間駆動のスマホが欲しい人におすすめです。

おすすめのMVNO
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
DMM mobileデータ通信のみで月額440円から音声通話付きで1,140円~と価格が安く、試しにMVNOと契約して使ってみたいという方におすすめ!
NifMo2016年オリコン日本顧客満足度MVNO(スマホ)第1位!「NifMo バリュープログラム」でもっとお得!もっと節約!