格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

格安SIMの端末補償サービスに注目!OCN モバイル ONEの場合は?

格安SIMで利用中のスマホが壊れてしまったら、非常に困りますよね。OCN モバイル ONEの「あんしん補償」なら、Android端末・iOS端末を問わず修理や交換をしてもらえます。

格安SIMの端末補償サービスに注目!OCN モバイル ONEの場合は?

OCN モバイル ONEの「あんしん補償」とは?

docomo回線の格安SIMであるOCN モバイル ONEでは、音声通話機能付きSIMユーザー向けに「あんしん補償」という端末の補償サービスを提供しています。月額500円(税抜)で、使用中の端末にいつでも補償を付けることが可能です。「申し込み日の10日後を含む月の翌月」より、補償が適用されるため、月末に申し込んだ場合などは翌々月からの適用になることもあるので注意しましょう。

キャリアで購入した端末でも補償される

「あんしん補償」は、docomoなどのキャリアで購入した端末、家電量販店や中古ショップで購入した端末であっても補償の対象となります。自社の格安SIMとセットで購入した端末のみを対象にするMVNOもある中で、これは非常にうれしいですね。OCN モバイル ONEなら、メーカーの保証期間が過ぎていても、手持ちのスマホに改めて補償を付けられます。

iPhoneもAndroid端末も補償対象

「あんしん補償」ではiOS端末もAndroid端末も補償の対象です。日本国内で販売されたメーカーの正規品であり、かつ修理を依頼した日からさかのぼって90日以内にOCN モバイル ONEの音声SIMで通信した端末であれば、修理を受け付けてくれます。修理が不可能な場合は、交換になります。

なお、補償対象になる機器はスマホに限られています。タブレットやモバイルルータはSIM装着モデルでも対象外ですのでご注意ください。

「あんしん補償」では50,000円までの修理代が0円になる

OCN モバイル ONEの「あんしん補償」では、50,000円(税込)までの修理代金が0円になります。上限の設定が心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、よほどのことがない限りは上限以内に収まるでしょう。修理にかかる日数はAndroidなら2週間程度、iOSなら3日程度です。

修理費が上限をオーバーした場合には、超過分の支払いが必要

もしも修理費が50,000円(税込)を超えてしまった場合は、差額を支払わなければいけません。上限を超える修理代が請求されることはなかなかないと考えられますが、よほどひどく壊れてしまった場合には、差額支払いの可能性があることは理解しておきましょう。

ちなみに修理交換を自己都合でキャンセルすると、受付手数料3,000円と故障診断料5,000円(それぞれ税抜)がかかります。

「あんしん補償」では、交換端末を選ぶこともできる

「あんしん補償」では、交換端末を選ぶこともできる(イメージ画像)

Android端末の修理が不可能な場合は、修理ではなく代替品との有償交換になります。交換する端末は指定された機器の中からユーザーが選択でき、約2日で交換品が届きます。なおiOS端末の場合には、修理が不可能な場合は「全部品交換」になります。ただしこちらは有償交換ではなくあくまで修理対応のため、通常の修理代金が発生すると考えられます。

端末の交換は有償、かつ年2回まで

「あんしん補償」での端末交換は年に2回まで認められます。修理であれば50,000円(税込)までは無料ですが、端末交換の場合は有償となり1回目が4,000円、2回目が8,000円(それぞれ税抜)です。もっとも、よほどの事故や不注意で本体をひどく破損しない限りは修理ができない状況にはならないでしょうし、2回も交換の機会があれば十分でしょう。

補償を受けたい場合の申請は電話で

端末が破損したなどの理由で補償を受けたい場合には、オンラインではなく電話で申請します。10時から18時まで、年中無休で「0120-033570」のあんしん補償受付センターが対応してくれます。修理を依頼する端末の保証書のコピーもしくは購入したレシートが手元になければ対応してもらえないので注意しましょう。

また、故障や破損が発生した日から10日以内に申請する必要があります。本人確認などに加えてIMEI番号を口頭で伝えることになるので、本体の設定アプリから確認しておきましょう。

自然故障は端末の発売日から36ヶ月以内のみ対応

自然故障の場合、発売日から36ヶ月以内の端末のみが補償対象となります。ただし、購入日から1年以内の自然故障はメーカー保証が適用される可能性もあり、その場合はメーカーへの問い合わせが必要となります。

発売から3年以上経過した機種の場合は、内部の部品劣化などで自然に故障しても適用対象外ということですので、注意が必要ですね。

まとめ

OCN モバイル ONEの「あんしん補償」は、格安SIMとセット購入した端末だけでなく自分が所有している端末を改めて補償対象にできるのが魅力です。キャリアから乗り換えるにあたり、手持ちの端末が格安SIMで使えるのであれば念のため補償に入っておくのがよいでしょう。

なお、この「あんしん補償」は、音声通話機能付きSIMを契約している場合にしか加入できません。データ通信専用SIMでは加入できないことにご留意ください。