格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

LINEモバイルの通信速度がいつでも速いって本当?

格安SIMの契約先を検討するにあたって、月額料金の次に重要なのは通信速度でしょう。LINEモバイルは高速と評判ですが、果たして本当のところはどうなのでしょうか。

LINEモバイルの通信速度がいつでも速いって本当?

格安SIMの通信速度は、基本的に不安定

docomoなどキャリアの通信速度は、基本的に24時間いつでも安定して高速ですよね。しかし格安SIMを提供するMVNOは、キャリアから回線帯域の一部を借りて使用しているため、お昼どきや夕方から夜にかけてなど利用者が多い時間帯は速度が落ちやすいというデメリットもあります。この点をまず知っておく必要があります

docomo系の格安SIMは、速度面での評判がイマイチ

SoftBankが展開しているY!mobileやau回線のUQ mobileなど、通信速度が高速で安定している格安SIMもいくつかあります。しかし最もメジャーなdocomo回線を利用した格安SIMは、基本的に通信速度に対する評判があまりよくありません。早朝や通勤時間を過ぎた午前中などは速度が出るものの、お昼どきや夕方から夜にかけての速度はあまり出ないといわれています。

docomo系のなかでも評判がよいLINEモバイル

docomo回線系の格安SIMであるLINEモバイルは、LINEや各種SNS利用時の高速データ通信量に制限のない「カウントフリー」やほかの格安SIMではできない「LINEの年齢認証が可能である」ことなどが特徴です。しかし実は混雑時も含めて通信速度の評判も非常によく、2017年5月現在でも高速で安定的な通信が可能となっています。

1日を通じて通信速度の評判はよい

LINEモバイルはLTEの高速通信を提供しています。具体的な速度については公表していませんが、朝から晩まで1日を通じて通信速度が安定していると評判です。ユーザーを対象にしたアンケートでも、40%の回答者が通信速度および安定性に満足していると答えています。

このことからも、docomo系の格安SIMと契約する場合に通信速度の快適さを重要視するのであれば、LINEモバイルはよい選択肢となりうるでしょう。2016年9月にサービスを開始したLINEモバイルですが、半年以上が経過した今もなお安定した速度を提供しています。

LINEモバイルの通信速度はなぜ速い?理由を推察してみた

格安SIMが高速な通信速度を提供できる要因はいくつかあり、たとえばユーザー数に対して余裕のある回線帯域を確保していることが考えられます。サービス開始から半年以上が経過し、順調にユーザー数が増加しているLINEモバイルですが、まだまだ帯域に余裕があるために早い速度を保っていられるというのが最も可能性の高い理由です。

通信設備も適切に増強していると考えられる

LINEモバイルの速度が速いもうひとつの理由として考えられるのは、通信設備を適切に増強していることでしょう。たとえばmineoやOCN モバイル ONEなどのMVNOは、定期的に設備増強を行ってユーザー数の増減に対応しています。LINEモバイルもまた、サービス開始から現在まで適切な設備増強を行っていると推測できます。

LINEモバイルの通信速度が今後もずっと速いとは断言できない

2017年5月時点ではまだまだ高速で通信が可能なLINEモバイルですが、今後もずっと高速とは限りません。CM放映などでさらに知名度を高めていますが、そのため今後はユーザー数の増加に設備増強が追いつかず、速度が遅い時間帯が出てくる可能性もあります。

通信速度が遅くなっても、ある程度はストレスなく使える

回線速度がお昼どきや夜に遅くなってしまったとしても、何もかもが不便になるということはまずありません。ネットサーフィンやSNSアプリ程度であれば、通信速度が遅くてもそれほどストレスなく利用できます。しかし動画再生やアプリのダウンロードのような大容量のデータ通信については、混雑時を避けたほうがよいでしょう。

まとめ

LINEモバイルの通信速度については、インターネットの口コミなどを中心に「速くて安定している」という評判があちこちでみられます。一般的に通信速度に対する評判があまりよくないdocomo回線を利用した格安SIMにおいて、貴重な存在ですね。

しかし現時点では速さを保っているものの、今後については断言できません。LINEモバイル側の設備増強の動向や、速度比較サイトの測定結果には目を配っておきたいですね。