格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】格安SIMの契約手続きは複雑?(心配なら実店舗での契約を)

MVNOの多くはオンライン中心にサービス展開していますが、なかには実店舗を運営する事業者もあります。どこも公式ホームページ上から迷わず申し込めるように工夫してはいますが、不安であればキャリア同様に実店舗での申し込みを受け付けている事業者を選ぶという手もあります。

【その疑問に答えます】格安SIMの契約手続きは複雑?(心配なら実店舗での契約を)

テーマ「格安SIMの契約手続きは複雑?」

格安SIMに乗り換えたい気持ちはあるものの「オンラインで契約するなんて難しそう…」と思って気が引けてしまう部分もありますよね。しかし、そのような場合は、実店舗を構えていたり、家電量販店内にブースを構えているMVNOを選ぶ手があります。契約途中に疑問が出てきた際も、その場で聞けるというメリットもありますよ。

不安な場合は専用カウンターや家電量販店の利用を

大手キャリアではショップで契約から設定まですべてを行ってもらえるので便利でしたが、ほとんどのMVNOは直営ショップがありませんので、オンラインから自分で手続きすることになります。しかし実際にやってみると難しいことはありません。まず、今までと同じ電話番号を使いたいのであれば、MNPの予約番号を用意します。これはキャリアのショップや公式ホームページ、電話での問い合わせですぐ手に入ります。MNP予約番号を手に入れたら、インターネットで格安SIMの申し込みをします。MNP予約番号は発行日から15日間の有効期限があるので、その間に申し込みをしましょう。契約が成立すると、SIMカードが送付されるので端末にセットして終了です。途中でわからないことがあった場合は、電話で聞けるので安心です。不安な場合は数こそ少ないものの、MVNOの専用カウンターや実店舗を利用することをおすすめします。SIMカードを家電量販店で購入すると、店員が契約までサポートしてくれるところもあります。

女性 40代 会社員

対面であれば、より簡単に契約内容を理解できます

格安SIMの契約を複雑そうと感じる人の多くは、大手キャリアとの契約の際も複雑と思ったのではないでしょうか?しかし、大手キャリアではキャリアショップでの親切な説明があったため、問題なく契約できたのだと思います。このことからも、重要なのは対面での丁寧な説明です。MVNOの中にも、対面での販売や説明をしてくれる事業者もあります。たとえばビックカメラにあるBIC SIMのカウンターでは、大手キャリアのように対面で丁寧な説明を受けられるので、契約の手順が難しそうだと感じている人にはおすすめです。

男性 30代 会社員

実店舗で契約する場合も、MNP予約番号を忘れないようにしましょう

今までと同じ電話番号を利用したい場合は、契約しているキャリアでMNP予約番号を取得しましょう。それさえ済ませてしまえば、オンライン上で格安SIMを契約するのは難しいことではありません。画面の説明通りに進めていくだけで簡単にできます。よくわからない方は実店舗のあるイオンモバイルやビックカメラなどのMVNOを選ぶと、直接質問ができるので安心です。ただし実店舗で契約する場合でも、MNP予約番号を忘れないようにしましょう。

女性 30代 パート・アルバイト

よくわからない場合は、店頭契約のほうが店員のサポートもあり安心

格安SIMはインターネットでの契約が主流ではありますが、mineoやイオンモバイルなど店頭で契約できるMVNOもあります。よくわからないという方は店頭契約したほうが、店員によるサポートが受けられて安心です。店頭が近くにないという場合は、オンラインで契約しましょう。今の電話番号を変えたくない場合は、キャリアの店頭や電話窓口、公式ホームページなどでMNP予約番号をあらかじめ取得しておきます。新規の番号でも構わない人や、初めてスマホを使う人は予約番号の取得は不要です。あとはオンライン上の申し込みフォームに格安スマホの機種や格安SIMの料金プラン、お客様情報、支払い情報などを入力し送信するだけで簡単に契約できます。クレジットカードのオンライン申し込みができる方なら難しくないですよ。

男性 40代 自営業

楽天モバイルやイオンモバイルなら全国各地に実店舗がある

格安SIMの契約は、各社の公式ホームページで自分に合ったプランを選んで必要事項を記入するだけなのでとても簡単です。注意点としては顔写真の入った身分証明書が必要なことです。もし、顔写真の入った身分証をもっていない場合は保険証などでも代替可能ですが、その場合は補助書類として住民票などが必要になるので事前に準備しておきましょう。提出方法は、スマホの内蔵カメラなどで撮影して申し込み画面で添付するだけです。もし写真が撮れない場合はコピーを郵送します。またオンラインだけではなく、大手キャリアと同じく実店舗に足を運ぶという方法もあります。実店舗を運営しているMVNOはまだ少ないですが、楽天モバイルやイオンモバイルは全国各地に店舗があるので、オンラインでの申し込みがよくわからないという方は、これらの店舗に直接足を運んで契約するとよいでしょう。

男性 30代 会社員

まとめ

格安SIMになじみがなくオンラインでの手続きに不安があれば、直接質問できる実店舗のほうがより確実です。契約途中でプランに疑問が出てきた際も、その場で聞けるメリットもあります。契約してから後悔しないためにも、心配な場合は対面で申し込みできるMVNOを選んでみてはいかがでしょうか。ただし、申し込みに必要な書類はオンラインでも実店舗でも同じですので、MNP予約番号や本人確認書類などは必ず事前に用意しておきましょう。

おすすめのMVNO
イオンモバイル29種類もの多種多様なプランを提供し、販売・サポートも全国212店舗のイオンで対応可能とサポート面も充実!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!