格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】格安SIMとはどういうものかわかりません(基礎知識編)

格安SIMだから安い。その通りですが、なぜキャリア契約に比べて安いのか?まずは格安で提供できるしくみを探っていきましょう。

【その疑問に答えます】格安SIMとはどういうものかわかりません(基礎知識編)

テーマ「格安SIMとはどういうものかわかりません」

「格安SIMって何?」みなさん正確に答えられますか?まずは格安SIMがなぜ低料金かを把握しておきましょう。そうすれば格安SIMとはどんなものかがわかってくるはずです。知っているようで知らなかった知識が隠れているかもしれませんよ。

新規参入事業者が運営し、非常に安く利用できるモバイル通信サービスです

数年前まで携帯電話の通信回線はdocomo、au、SoftBankが事実上独占していました。その後総務省の方針により、この独占状態だった回線の一部を他の事業者が安い料金で借りられるようになりました。これに多くの事業者が新規参入し、借りた回線を使って主にスマホ向けに通話とデータ通信の提供サービスを始めました。この料金が大手キャリアよりも大幅に安いことから、一般に格安SIMといわれています。料金が安い理由としては、回線を借りている事業者(MVNO)はキャリアのように基地局や収容局を保有・整備するためのコストを負担する必要がありません。これにより大幅なコストダウンを実現し、まさに格安でサービスを提供できるようになったことで年々利用者が増えています。

男性 30代 自営業

設備投資を抑えることで大手キャリアよりも大幅に低価格

携帯電話やスマホにはSIMカードという小さなICカードが入っており、このSIMカードがなければ通話やデータ通信をすることができません。大手キャリアは自社で保有するモバイル回線を使って通話やデータ通信のサービスを提供していますが、最近ではキャリア以外の事業者も同様のサービスに参入しています。こうして大手キャリア以外の事業者が提供するようになったものが格安SIMです。格安SIMを運営する事業者はキャリアから回線をレンタルし、設備投資などの経費を削減することで、キャリアと同様のサービスを非常に低価格で提供しています。

男性 50代 自営業

キャリア回線を借りて低価格に。docomo回線系が主流ですがau回線系もあります

格安SIMは運営事業者が通信設備をもっておらず、キャリアの通信回線を一部借りることで運用しているサービスです。通信回線を維持するコストがかからないため、大手キャリアよりも低価格で提供することが可能となっています。格安SIMの通信エリアや回線品質は、回線提供元のキャリアに依存します。現在格安SIMの主流となっているのはdocomoの回線を利用するタイプで、楽天モバイルやOCN モバイル ONEなど多数の事業者が参入しています。ほかにau回線系のサービスもあり、そちらはmineoやUQ mobileが有名です。SoftBank系の格安SIMに関してはまだ極めて少数です。

男性 20代 自営業

契約プラン次第では月額500円程度で利用できます

スマホで通話やデータ通信を行うには、SIMカードと呼ばれる小さなカードが必要となります。docomoなどの大手キャリアでも、あるいは楽天モバイルのようなMVNOでも、契約すると最初にこのSIMカードをもらえます。そしてそのカードを端末にセットすることで、通話およびデータ通信サービスを利用できるようになります。大手キャリアでは月々の利用料金が6,000~8,000円程度かかるのが標準的ですが、格安SIMだと契約プラン次第では毎月500円前後に抑えることが可能です。このように、大手キャリアに比べて格段に安い料金で利用できることから格安SIMと呼ばれています。

男性 20代 会社員

キャリアの店頭サービスと違って自分で設定する必要があります

まず、SIMというのはスマートフォンの中に入っている小さなカードです。このSIMカードに電話番号や契約情報などのデータが入っていて、スマートフォンの心臓のような役割をしています。docomoやauなどの大手キャリアの場合、回線契約を結ぶと店頭のショップスタッフがこのSIMカードを端末に差し込み、設定・開通作業をしてくれます。一方、大手キャリアから回線を借りてサービス提供を行うMVNOの場合、非常にリーズナブルな料金でSIMカードを提供しています。大手キャリアの場合と異なり、格安SIMの場合、ほとんどのMVNOでSIMカードのオンライン購入手続きからスマホへの装着・設定・開通作業まで、すべて自分で行う必要がありますが、月々の料金はキャリア契約よりも大幅に安くなります。

女性 20代 パート・アルバイト

まとめ

格安の秘密は大手キャリアの通信回線を借りてサービスが提供されていて、運営に大規模な設備投資が必要ないからということですね。通信回線がキャリアの独占だった時代から一気に様変わりしている印象です。格安SIM未経験の方には、参考になりましたでしょうか?

おすすめのMVNO
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
U-mobile音楽聴き放題のUSEN MUSIC SIMやLTE使い放題プラン・U-mobile SUPERなど、スマートフォンをたくさん利用するユーザーも納得でお得なプランが充実!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。