格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、電話番号は引き継げるの?

MNPの略称で知られる携帯電話の番号引き継ぎ制度ですが、キャリアから格安SIMへの乗り換えにも支障なく適用できるのでしょうか?

【その疑問に答えます】大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、電話番号は引き継げるの?

テーマ「大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、電話番号は引き継げるの?」

今まで使ってきたキャリア契約の電話番号を引き継いで格安SIMの通話付きプランに乗り換えたい。キャリア間の乗り換えと同様にMNP制度を利用すれば可能ですが、格安SIMへの乗り換えならではの注意点もあるようです。それはいったい…?

MNP制度により格安SIMにも電話番号を引き継げます

携帯電話の番号引き継ぎは、2006年から始まったMNP制度により可能になりました。方法は、まず今使っている携帯電話会社からMNP予約番号を発行してもらいます。これには手数料が3,000円程度かかります。その後、使いたいMVNOに音声通話付きの格安SIMを申し込みますが、電話番号引き継ぎのために前述のMNP予約番号が必要になります。この際、乗り換え手続きをしてからSIMカードが届くまでの間は端末が使えなくなります。それが不便な場合は、即日対応可能なMVNOもありますので調べてみてください。なおMNP予約番号の有効期限は15日間ですが、期限が10日以上残った状態でMVNOに乗り換える必要があります。

女性 40代 会社員

ガラケーから電話番号を引き継いでY!mobileに乗り換えました

通常のスマートフォンは使用料が高いので約10年間docomoのガラケーを使っていましたが、月額3,000円前後を支払っていました。ですが最近TVCMなどでよく目にするY!mobileが気になり、ショップに行き詳細を直接スタッフに聞くことにしました。この結果、電話番号の引き継ぎも契約事務手数料3,000円(税抜)を支払えば可能、月々の料金も現在支払っている使用料より安くなるということで、Y!mobileのスマホプランSに変更しました。最初の1年間は月額1,980円(税抜)で通信状況も問題なく、またLINEを利用するようになって、懐かしい友達と出会えたのはとてもうれしいできごとでした。

男性 40代 会社員

MNP前に名義確認を行っておくことが大切です

キャリア契約から格安SIMに乗り換える際は、電話番号をそのまま引き継ぐことができます。たとえばDMM mobileですと、MNPに対応した音声通話付きプランを提供しているので、利用中のキャリアでMNP予約番号を取得してからDMM mobileへ申し込めば、MNPありの手続きとして進めることで電話番号を引き継ぎ可能です。ただし契約時の名義人に関して注意する必要があり、DMM mobileでは支払いに使用するクレジットカードの名義人と契約者が同じでなければ申し込みができません。よって申し込み前には乗り換え元の名義確認をまず行い、必要に応じて名義変更を行ってから、格安SIM側での手続きを進めるのがよいでしょう。

男性 40代 自営業

電話番号は引き継げるがキャリアのメールアドレスは引き継げない

これまで使っていた端末の電話番号を引き続き使いたい場合は、MNPという番号ポータビリティ制度を使用して引き継ぐことができます。大手キャリア同士だけでなく、MVNOへの乗り換えにも対応しています。MNPの手続きとしては、解約する携帯電話会社でMNP予約番号を取得し、これから契約する会社でそのMNP予約番号を使って手続きを行うだけです。このMNPは無料ではなく、乗り換え元に支払う事務手数料が3,000円程度かかります。また、電話番号は引き継げますがメールアドレスは引き継げませんので、乗り換え前にあらかじめGmailなどへ移行しておくことをおすすめします。

男性 20代 会社員

キャリア解約時の違約金にも注意

auやdocomoなどのキャリアから格安SIMへ電話番号を引き継いで移行する場合は、キャリア間の移行と同様にMNP制度を利用します。この際はキャリアに電話する、キャリアのショップに行く、マイページなどWeb上で手続きをするといったいずれかの方法でMNP予約番号を取得します。予約番号を取得したら15日以内にその番号を使ってMVNOの音声通話付きSIMを申し込みます。この申し込みが完了するとそこでMNP手数料が発生し、多くの場合はキャリア契約の最終月分請求時にその金額が加算される形になります。さらに、キャリア契約の利用期間によっては解約により契約解除料(いわゆる解約金)が発生しますので、契約の更新時期などを確認して泣きを見ないようにすることも大切です。

男性 50代 自営業

格安SIM側では必ず音声通話付きSIMを選ぶ

電話番号の引き継ぎは大手キャリア間だけでなく、大手キャリアと格安SIMの間でも可能です。まずは現在契約中のキャリア側で、転出用のMNP予約番号を発行してもらいます。この予約番号には15日間の有効期限がありますので注意してください。そして前もって決めておいた格安SIMを契約します。ここで大事なのは音声通話付きSIMを選ぶということです。大手キャリアと違って、格安SIMは通話プランとデータ専用プランが混在していますので、必ず通話プランのほうを選んでください。うっかりデータ専用プランで新規契約してしまうと、それまで使っていたキャリア契約のほうはMNP予約番号が発行されただけでMNP手数料は発生しませんが、解約にはならずそのまま残ってしまいます。

女性 20代 パート・アルバイト

まとめ

MNP制度を利用して格安SIMへ乗り換える場合、MVNOによっては数日間データ通信や音声通話ができなくなってしまうことがあります。店頭で即日手続きできるキャリア間のMNPと違い、格安SIMへの乗り換えはこのような空白期間が生じやすいのがデメリットですね。MNP申し込みからSIMカード発行までの手続が早いMVNOを選ぶのも、選択方法のひとつかもしれません。あとは名義確認も大切のようです。

おすすめのMVNO
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
DMM mobileDMM mobile(DMMモバイル)は業界最多のプラン数で、選択できるデータ容量も最大20GBまで選べます!また、docomo回線を使用しているので、通信環境も安定!アプリやインターネットをたくさん利用する方にはおすすめです!
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
LINEモバイルLINEモバイルなら主要SNSの通信量がかかりません。LINE、Twitter、Facebook、Instagramをたくさん使う人に嬉しいサービスとなっています♪また、月額利用料金に応じてLINEポイントがもらえます!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
excite モバイルシンプルな料金設定で、最大5枚まで持つことが可能なため、家族で利用するのに最適!また、「最適料金プラン」では使った分だけ、料金が発生するので自分の使い方次第で、料金を節約できるのも魅力です!
UQ mobileMVNOでも数少ないau回線を使用しており、最近ではCMでもよく観かけるMVNO!無料通話コミコミ1,980円~のぴったりプランやたくさんネットやアプリを使用する人向けプラン2,980円~のたっぷりプランなどニーズに合わせて選べます!