格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】安さがメリットの格安SIMですが、逆にデメリットは?(サービス・サポート面)

格安SIMの特徴はメリットばかりじゃない?ユーザーのみなさんはサービス・サポート面でこんなデメリットを感じていらっしゃるようです。

【その疑問に答えます】安さがメリットの格安SIMですが、逆にデメリットは?(サービス・サポート面)

テーマ「【その疑問に答えます】安さがメリットの格安SIMですが、逆にデメリットは?(サービス・サポート面)」

格安SIMのデメリットとしてよく挙がるのが、ショップの店頭サポートが受けられないこと。ほかにもサービス面ではまだまだキャリアの親切さにはかなわないようです。格安SIMを使っていくうえで、こうしたデメリットは避けられないことなのでしょうか?

キャリアメールが使えない!?

まず、キャリアメールが使えなくなります。近年ではLINEなどのSNSが普及し、従来の電子メールを使わなくなってきている人が多いかと思いますが、長年キャリアメールを使用していると、やっぱり使えないと不安という人もいるかと思います。どうしても使いたいという人はキャリアメールのために2台持ちするのもひとつの手ですが、料金もそれだけ余計にかかってしまいます。また、支払い方法がほぼクレジットカードのみなことも人によっては不便です。多くのMVNOは銀行振替に対応していませんので、クレジットカードを持っていない、またはカード決済があまり好きではない人には困るところです。あとは、MVNOには店舗を持たない事業者が多いので、対面で直接相談したい人には不安かと思います。

女性 20代 自営業

デメリットもあるが最終的にはメリットのほうが大きい

格安SIMは低価格実現のためコストダウンしてサービスを提供しています。そのため、実店舗を持たない事業者が多いです。大手キャリアのように端末をショップで購入したり、その後の手続きや初期設定などをすべてお任せというサービスは一部を除いてなかなか受けられません。使用開始後のトラブルの際も、お店に持ち込んで対応してもらうことは難しいです。大手キャリアで提供しているキャリアメールも基本的には使えなくなります。さらに、音声通話の家族割やかけ放題などのサービスも同じようにはいきません。とはいえ、ショップで受けていたサービスは電話や出張サービス、遠隔操作などで代替可能です。メールはフリーメールを使えばOK。音声通話はインターネット回線を使用するIP電話やLINE、Skypeなどの無料通話アプリで対応できます。このような方法でデメリットを補うことができれば、最終的には通信料金の安さというメリットのほうが大きいです。

女性 40代 会社員

通話定額サービスがまだまだ少ない

格安SIMのデメリットに関していえば通話定額プランを提供しているMVNOは少なく、通話量の多いユーザーにとっては通話料金が高額になってしまう可能性があることです。ですが、一部のMVNOでは5分以内無料などの定額サービスが始まっていますし、LINEなどを使って通話料金を抑える方法もあります。よって、現在月々どれぐらいの通話量になっているかをまず確認して、どこかのMVNOに乗り換えた際、その通話量でどれぐらいの通話料金になるかを調べてみるとよいのではないでしょうか。

男性 30代 会社員

サポートに不安があります

月額使用料はキャリア契約よりも格段に安いのですが、ほとんどのMVNOで有人の相談窓口がありませんので、サポート体制に関しては不安を感じます。対面で知りたいことを丁寧に説明してもらうことができませんし、何かトラブルが起こってしまった際も、キャリアショップに駆け込んで対応してもらうようなことができません。人件費を抑制してコストを抑えることができている反面、こういうデメリットがあるのです。

女性 40代 主婦

機器の設定などに問題が出た場合、少し大変

2016年の8月から楽天モバイルを使っています。機種はZenFone Goを使用しており、格安SIMなので月々の使用料金は当然安くなっています。この点は想定されたメリットです。デメリットを挙げるとすれば設定の不具合などについて直接、楽天の店頭で聞くことはできません。そのような時は、インターネットで自分で真剣に調べなければなりません。スマホの動作設定にくわしい人なら問題はありませんが、苦手な人にはこの点が重荷になるかもしれません。

男性 40代 会社員

まとめ

このようにサービス・サポート面では、多少のデメリットは受け入れざるを得ないのが実情のようです。しかし、格安SIMの事業者間競争はますます激しくなっていますので、今後サービス・サポート面に力を入れるMVNOも増えてくるのではないでしょうか。「サポートが親切な格安SIM」が早く登場するといいですね!

サポート面でおすすめのMVNO
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
TONETONEは全国子ども会連合会に推奨されたMVNOです。子どもの位置情報やアプリのインストールや利用時間の制限、歩きスマホ警告機能など、子どもに安心・安全に持たせたい機能が充実しています。
イオンモバイル29種類もの多種多様なプランを提供し、販売・サポートも全国212店舗のイオンで対応可能とサポート面も充実!