格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【Android版】格安スマホに変えるときの電話帳移行について

docomoやau、SoftBankで機種変更をした場合、ショップ内で簡単に電話帳の移行ができるようになっています。しかし、新規で格安スマホを購入した場合に電話帳はどのように移行すればいいのでしょうか。まさか一件一件登録し直すわけではないですよね…?

【Android版】格安スマホに変えるときの電話帳移行について

Android端末には連絡先データが2種類ある

近頃では格安SIMと格安スマホのセット購入ができるMVNOが増えてきました。MVNOは大手キャリアより月額料金が安いというメリットがあります。そんな格安SIMと格安スマホのセット購入後に困るのが「電話帳の移行」です。電話帳に何も連絡先がないのでは困ってしまい、スムーズに電話帳の移行を完了させたいところです。今回はAndroid端末においての電話帳移行について説明をしていきます。

Android端末には「本体に保存された連絡先データ」と「Googleアカウントに紐付けされた連絡先データ」があります。それぞれ異なる移行方法となるため、自分の端末の連絡先データがどちらなのか確認する必要があります。確認は連絡先データの編集画面に表示されます。端末によって表示が異なりますが、「Googleアカウントに紐付けされた連絡先データ」の場合は、Googleのアイコンと、紐付けされたGoogleアカウントが表示されます。「本体に保存された連絡先データ」は本体と記載されたり、docomoのマークであったりと大手キャリアによって異なります。

Android 本体に保存された連絡先データ

本体に保存された連絡先データの場合

本体に保存された連絡先データの場合、とても簡単にできる方法がエクスポート・インポートです。microSDカードが必要になりますが、今まで使っていたスマートフォンでSDカードに電話帳データを保存し、新しいスマートフォンにSDカードを差して移行するという流れになります。

連絡先エクスポート

今までのスマートフォンにmicroSDカードを差し込んだら電源を入れ、「連絡先」のアプリを起動します。「メニュー」→「連絡先エクスポート」を選択するとエクスポート先が表示されます。ここではmicroSDカードを選択してください。これでmicroSDカードへのエクスポートが完了です。

スマートフォンによっては連絡先アプリ起動後、「その他」→「インポート/エクスポート」→「ストレージにエクスポート」のように、項目の名称や手順が異なる場合があります。

連絡先インポート

連絡先エクスポート完了後は、連絡先インポートを行います。連絡先エクスポートを行ったmicroSDカードを移行したいスマートフォンに差し込んだら電源を入れ、連絡先アプリを起動します。「メニュー」→「連絡先インポート」→「SDカードからインポート」インポートは完了です。きちんとインポートされたかどうか確認してください。

エクスポート同様、スマートフォンによっては連絡先アプリ起動後、「その他」→「インポート/エクスポート」→「ストレージからインポート」のように、項目の名称や手順が異なる場合があります。

Googleアカウントのアドレス帳を利用

microSDカードがなくても、Googleアカウントのアドレス帳に保存してあれば移行ができます。今まで使っていたスマートフォンの「設定」→「アカウント」→「Google」を選択します。「連絡先を同期」という項目にチェックが入っているか確認してください。チェックが入っていないときはチェックを入れます。移行先のスマートフォンでも連絡先を同期にチェックを入れておきます。これで今までの連絡先はそのまま引き継がれます。Androidを使う場合は基本的にGoogleアカウントが必要になっているため、同期させておくことで新しいスマートフォンでもめんどうな移行作業をすることなく使うことが可能です。

クラウドストレージを利用

クラウドストレージとは、クラウド上(インターネット上)にデータ保存するサービスのことをいいます。インターネット環境さえあれば、さまざまな端末でデータの共有が行え、端末内部の容量を節約したいときにも便利なサービスです。クラウドストレージサービスで有名なのがDropboxで、大手企業でも使用されている信頼性の高いサービスです。そのためデータ喪失のリスクは低くなっています。パスワードがなければアクセスできないため、第三者にデータを見られてしまう心配が少ないです。Dropboxには、連絡先バックアップDropbox版というアプリがあり、電話帳の移行が簡単に行えます。インストール後にアカウントを作成し、バックアップを選択するだけで電話帳のバックアップが完了します。リストアを選択すれば電話帳のインポートが完了します。今まで使っていたスマートフォンが壊れてしまっても、バックアップがあれば新しいスマートフォンにすぐインポートすることが可能です。

大手キャリアやMVNOのサービスを利用

大手キャリアのサービス

大手キャリアでは電話帳お預かりサービスがあります。水没や故障など、アクシデント時の対応用として提供しているサービスです。電話帳お預かりサービスは電話帳の移行にも応用することが可能です。まずは電話帳を大手キャリアのお預かりセンターにバックアップしておきます。バックアップ後はお預かりセンターから新しいスマートフォンに復元することが可能です。電話帳の自動バックアップに対応している大手キャリアもあり、頻繁に電話帳の編集を行う方でも手間がかかりません。ただし、電話帳お預かりサービスを利用するには加入が必要です。

MVNOのサービス

中には電話帳移行サービスを提供するMVNOがあります。今までのスマートフォンをMVNOに発送すると、MVNOのスタッフが代わりに電話帳の移行を行い、電話帳の移行完了済みの格安スマホが自宅に届きます。電話帳の移行が必要だけど方法が分からない方向けのサービスです。ほかにも、出張設定を行うMVNOもあり、スマートフォンを発送したり預けるといったことがありません。ただし、格安SIMと格安スマホのセット購入者が対象のサービスのため、格安SIMだけの購入では利用できません。また、電話帳移行サービスには1万円ほど料金がかかります。

まとめ

格安スマホにしたからといって、電話帳の移行は決してむずかしくなく、自分で簡単に行えることがわかりました。この記事を読んで、格安スマホを買うか躊躇していた人の後押しになれば幸いです。

おすすめのMVNO
NifMo2016年オリコン日本顧客満足度MVNO(スマホ)第1位!「NifMo バリュープログラム」でもっとお得!もっと節約!
イオンモバイル29種類もの多種多様なプランを提供し、販売・サポートも全国212店舗のイオンで対応可能とサポート面も充実!
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
DTI SIM格安SIM初心者用の方にはお試しプランがおすすめ!でんわ定額プラン3GBで半年間1,480円、半年お試しプランデータ通信のみ3GBで半年間0円で利用できます!さらにポケモンGOのデータ通信量を1年間無料にするプランを実施予定!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!