格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】直近3日間の速度制限ってなんですか?なったことありますか?

「直近3日間の速度制限」をご存知でしょうか。格安SIMを運用していく上で非常に重要なものになっています。今回はみなさんに「直近3日間の速度制限」とはなんのことなのか聞いてみました。

【その疑問に答えます】直近3日間の速度制限ってなんですか?なったことありますか?

テーマ「直近3日間の速度制限ってなんですか?なったことありますか?」

今回のテーマは「直近3日間の速度制限ってなんですか?なったことありますか?」です。月のデータ容量を超えてしまい速度制限をかけられると日常でスマートフォンを利用する人にとって、非常に不便です。しかし、「直近3日間の速度制限」とはなんのことでしょうか。みなさんは実際に経験があるのかも含めて聞いてみました。

忘れがちの直近3日間の速度制限

直近3日間の速度制限とはMVNOの料金プランには直近データ通信の上限が決められており、その上限を超してしまうと通信速度の制限がかかってしまいます。1ヶ月のデータ通信容量の制限は有名ですが、3日間のデータ通信容量の制限もあるのでよく忘れる人が多いです。私自身も経験がありますが、3日間のデータ通信容量を超えてしまうと、Webページの表示が遅れてしまうことやゲームが上手く操作できないこともあるので注意が必要になります。

男性 20代 会社員

直近3日間の速度制限について

一定のデータ通信容量を直近3日間のうちに超過した場合、数日間の速度制限があるのは聞いたことがあります。直近3日間の速度制限を設けているMVNOによって条件は変わってきますが、一定のデータ通信容量を超えると速度制限がかかることは変わりません。私はなったことはありませんが、ゲームや動画などを頻繁に利用する人はなってしまうかもしれません。

女性 30代 主婦

直近3日間の速度制限を受けました

3日間でMVNOが定める合計のデータ通信容量を超えた場合に一定期間通信速度が遅くなるルールです。私は直近3日間の速度制限を受けたことがあります。速度制限を定めるデータ通信容量などはMVNOにより異なります。私はY!mobileを使用しているのですが、Y!mobileを運用し始めた当初はこのルールを知らずに動画を観すぎてしまい、通信速度が制限されました。制限時にはY!mobileから制限の通知と超過した当日6時~翌日6時まで制限されるという旨が記載されていました。制限されると非常に通信速度が遅くなるため、速度制限には気を付けるべきだと思います。

男性 20代 会社員

インターネットの使い過ぎには要注意! 直近3日間の速度制限って?

直近3日間の速度制限とは、3日間という期間内に定められたデータ通信容量以上に使ってしまうと発生する規制のことです。速度制限が発生すると、速度制限がかけられてスマートフォンからインターネットに繋ぐ速度が大幅に遅くなります。私はmineoを利用していますが、少し前にYouTubeの動画を観すぎて、3日間の速度制限に引っかかった経験があります。速度制限に引っかかると動画は満足に観られなくなり、単純なホームページの観覧も不便になります。格安SIMは料金の節約になりますが、速度制限があることを理解して利用しないと速度制限がかけられて不便な思いをすることになります。

男性 20代 自営業

MVNO各社が独自に設定している通信速度制限のことです

直近3日間の速度制限とは3日間のデータ通信容量の合計が規定のデータ通信容量を超えた場合に通信速度が制限されることをいいます。直近3日間の速度制限の規制基準についてはMVNO各社で独自に設定されています。私が利用している格安SIMのIIJmioは毎月のデータ通信容量にカウントされる高速通信とカウントされない低速通信(最大200Kbps)を切り替えて使うことができますが、後者の低速通信時のデータ通信容量に制限があり、3日間で366MBを超過すると実測で50Kbps程度に通信速度が制限されます。この速度制限にかかったことがありますが、メールの送受信も困難なほど低速な状態でした。ただし、この速度制限は低速通信にだけ課せられるもので、高速通信のモードで使用している限りはこの制限は発動しません。

男性 40代 その他

規制のないMVNOもある!

直近3日間の速度制限とは、直近3日間で一定のデータ通信容量に達したときに通信速度が制限されるものです。ある一定のデータ通信容量とは各MVNOによって異なります。私は今まで制限をかけられたことはありませんが、以前格安SIMでテザリングをしてPCを使ったときに、短い動画を観るだけでもすぐ速度制限がかかるくらいのデータ通信容量だったので、動画は観ずにWebサイトとメールのみで使用していました。使用頻度にもよりますが、うまく使用すれば問題ありません。また最近では直近3日間の速度制限の規制がないMVNOもあるので、不安な人は見比べて自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

男性 40代 その他

大量のデータ通信容量利用者に対し速度規制を設けます

無線通信として使える領域は限られています。その中で多くの通信事業者がサービスを提供しており、限られた通信域を分け合って利用しています。ある一定のユーザーが大量にデータ通信を行い占有すると他のユーザーに影響してしまいます。そのため、大手キャリアも含め通信事業者は一定期間の通信量に規制を設けて超過した場合は、そのユーザーに対しての通信速度を制限しています。私は直近3日間の速度制限になったことはありませんが、なってしまうとかなりの速度制限となってしまうので注意が必要です。

女性 40代 会社員

直近3日間の速度制限に気を付けて!

3日間で一定のデータ通信容量を超えてしまうと速度制限を設けられます。私は何度かなったことがあります。大手キャリアでの月末の速度制限を経験した人も多いと思いますが、そのような状態が格安SIMでもあります。どこのMVNOも回線の強化をしていますが、今はまだ利用者の増加に追い付けておらず、少しだけ不便な面もあるというのが現状です。Wi-Fiを使わずに動画などを閲覧してしまうとデータ通信容量が跳ね上がるので気を付けて使うことをおすすめします。

男性 30代 会社員

楽天モバイルを利用しています

直近3日間の速度制限は、3日間で決められたデータ通信容量以上を利用すると、ネットワークの負担軽減のため速度制限がかけられることです。MVNOとプランにより、制限内容は異なりますが私は楽天モバイルの3.1GBプランを利用しており、以前に540MBを超える通信を直近3日間で行った時に翌日速度制限を受けました。最初はスマートフォンが壊れたかと思ったのですが、Wi-Fiは利用できたので速度制限だとわかり、少し安心したことを覚えています。ただ、2017年の3月から楽天モバイルでは3.1GBプランなどの3日間の速度制限が廃止されました。速度制限がなくなったことで、月のデータ容量をすぐに使い切ってしまう可能性は高くなりますので、たくさんスマートフォンを利用する人は注意が必要だと思います。

女性 40代 会社員

最初は驚きました

直近3日間で一定量以上の通信を行なうと、翌日に速度制限を受けることがあります。DMM mobileでは直近3日間で366MB以上の通信を行なうと、速度制限に掛かることになります。実際に速度制限を受けた時には、ページの表示が遅くて驚きました。月3GBのプランで契約をしていたので、最初は通信エラーかと疑いましたがマイページを確認して納得しました。一度速度制限を経験してからは、また速度制限が掛からないように気を付けながら利用しています。

男性 40代 自営業

まとめ

最初は直近3日間の速度制限を知らなくて、速度制限をされてしまった人もいるようです。頻繁にスマートフォンで大量のデータ容量を通信する人は工夫をしながら利用するか、速度制限を設けていないMVNOを利用することがよいかもしれません。

おすすめのMVNO
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
IIJmio老舗の格安SIMといったらIIJmio!通信のノウハウに自信があり、高品質な通信を提供しています。docomoとauの両回線を扱っているので乗り換えも簡単にできちゃいます!
DMM mobileDMM mobile(DMMモバイル)は業界最多のプラン数で、選択できるデータ容量も最大20GBまで選べます!また、docomo回線を使用しているので、通信環境も安定!アプリやインターネットをたくさん利用する方にはおすすめです!