格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【その疑問に答えます】大手キャリアから格安SIMにしたことで変わった点はありますか?

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、何が変わるのでしょうか。使えなくなる機能あるのか、通信の品質はどうなか気になるところです。その疑問を解決するために、実際に格安SIMを使っている人のお話を聞いてみました。

【その疑問に答えます】大手キャリアから格安SIMにしたことで変わった点はありますか?

テーマ「大手キャリアから格安SIMにしたことで変わった点はありますか?」

大手キャリアから格安SIMにすることで、料金が安くなる、通信速度が落ちるというのはよく聞く話ですが、実際にはどうなのでしょうか。また、料金や通信速度以外ではどのような違いがあるのでしょうか。

月額料金の差額は3,000円以上! 格安SIMの方が圧倒的に得です!

格安SIMと大手キャリアの大きな違いは、なんといっても月額料金の差額です。私は大手キャリアのdocomoから、格安SIMのmineoに乗り換えましたが、月額料金が3,000円以上安くなりました。今でも支払う金額にかなりの差がありますが、この金額はスマートフォン本体の支払いを含めた差額となっています。そのため、スマートフォン本体の支払いが終われば、月額料金がさらに安くなるでしょう。もちろん格安SIMであるため、通信が混雑している際にはインターネットにつながりにくいといった不満点もあります。ですが、月額料金がこれだけ違うと、多少の欠点に目を瞑っても、格安SIMに乗り換える価値は十分にあるといえるでしょう。

男性 20代 自営業

キャリアから格安SIMに変えて大きく変わった点

大手キャリアから格安SIMに変えて、料金が大幅に下がったという点以外に大きく変わった点が3つあります。ひとつはキャリアメールが使えなくなったということです。格安SIMにしてから登録したいと思ったサイトにキャリアメールが必要なことがわかって泣く泣く諦めたことがあります。もうひとつは、LINEのID検索が利用できなくなったことです。ID検索はキャリアの年齢認証が必要なので格安SIMでは利用できず、これも結構不便に感じています。ただ、これに関してはLINEモバイルだけが例外で、LINEモバイルを契約すればキャリアと同じようにID検索が利用可能になります。そして最後のひとつは、お昼時や夕方などの混在時に速度が極端に落ちることです。MVNOによっては低速通信と変わらないほどまで速度が落ちますので、MVNOの選択時には料金だけに捕らわれず、混雑時にどのくらいの速度が出るのかよく調べることが大切です。

男性 30代 会社員

楽天モバイルの格安スマホ

最近は格安SIMを販売している会社が急激に増え、どこの格安SIMがよいのか検討した結果、楽天モバイルに変更しました。以前はSoftBank契約のiPhone 5を使っており、当初はY!mobileに変更しようとしましたが、店舗に行き相談するとSoftBankとY!mobileは同系の会社なので割引対象にならないということなので諦めました。(電話番号を変更すると割引対象になります)結局、楽天モバイルのコミコミプラン(1年目1,880円(税抜))を契約しましたが、通信状況も安定していて価格も約1/3程度になり、とても満足しています。

男性 50代 会社員

キャリアメール問題と通信速度

格安SIMと大手キャリアの大きな違いは、これまで使用できていたキャリアメールが使用できなくなることです。キャリアメールがないとアンケートサイトやECサイトなど登録できないことがあるので注意が必要になります。また通信速度が安定していないことが多く、お昼休みなど利用している人が多い時間帯では通信速度が低下することがあります。ただし夜間や早朝などの時間帯はそれほど不安定なことはなく快適に使えています。

男性 20代 会社員

本当に月々の支払いが格安になるので、格安SIMはオススメです

高校生のころからずっと大手キャリアと契約してきましたが、友人の勧めもあり、格安SIMに乗り換えました。大手キャリアとの最大の違いはやはり価格。現在1GBで月に1,250円(税抜)というプランを契約していますが、自宅ではWi-Fiを使用しているので無料(自宅の光回線は月4,000円程度)、外出先でちょこちょこ検索や動画などを見ても毎月余ります。また通話も、通話料金の安くなるアプリからかけられるのでそれほどかかりません。以前は毎月7,000円はかかっていましたが、現在は2,000円を超えることはありません。店舗がないのでサポート体制が不安でしたが、現在のところトラブルはなく、とても快適です。

女性 30代 主婦

格安SIMにしても、料金は変わったが品質は変わらない!

大手キャリアのスマホプランから格安SIMに変更して、一番変わったのが毎月の通信費です。夫婦2人でスマホを利用していますが、毎月15,000円掛かっていたのが、5,000円で済んでいます。心配だった通信品質の問題ですが、お昼時間帯は通信速度が低下するものの、実際に利用する分には問題ないです。通信エリアについても、大手キャリアのエリアと全く変わらず、アウトドアで利用しても電話ができないといった問題はありません。いい意味で、スマートフォンの維持費が安くなっただけです。

男性 30代 会社員

格安SIMに変えて驚きの月額料金になりました。

私はauから格安SIMのY!mobileに変えて1年が経ちました。格安SIMに変えて一番変わった点はズバリ「料金」です。キャリア時代は月9,000円かかっていた料金が、今では月3,000円以内に収まっています。料金が月1/3以下になって本当に驚いています。また、キャリアのスマートフォンとは異なりプランごとに無料通話は付いてませんが、Y!mobileの全プラン共通で国内どこでも10分以内の通話であれば、月300回まで無料でかけ放題です。通話料金がほとんどかからない分、毎月安定した月額料金となりました。

男性 30代 会社員

キャリアメール、サポート体制、音声通話割引きなどで違いが

格安SIMから大手キャリアに変えても、電話番号はMNPでそのまま使うことができます。しかし、メールの利用において違いが出てきます。ドメインが「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」となっている大手キャリアが提供しているキャリアメールは使えなくなります。また、格安SIMは安くサービスを提供するために直営ショップを持たなかったり、店舗数が少なかったりするため、サポート面で違いが出てきます。さらに、音声通話においての家族割りなどの割引サービスも少なくなります。しかし、メールはフリーメールやメッセージアプリで代用できます。サポート面も電話でのサポートや遠隔操作での対応、出張サービスなどを提供するMVNOもあります。音声通話は無料通話アプリを利用することで対応可能ですので安心です。

女性 40代 会社員

通信速度の低下とキャリアメールがないことが大きな違いです

格安SIMとキャリアとの最大の違いは混雑時の通信速度です。一日で最も通信が混雑する昼休みの時間帯には、格安SIMは通信速度が500kbpsを下回ることもしばしばで、動画の視聴などは困難な状態になります。キャリアでも通信速度の低下は避けられませんが、格安SIMの通信速度の低下の度合いはキャリアのそれを大きく上回ります。また、キャリアではキャリアメールのアドレスがもらえますが、キャリアのサブブランドであるUQ mobileやY!mobileを除いて、格安SIMではキャリアメールはもらえません。WEBサービスの一部には、登録にキャリアメールアドレスが必須なところもありますので不便を感じることもあります。

男性 40代 その他

格安SIMと大手キャリアで変わったのはやっぱりアレ

格安SIMに変えてから大手キャリアと変わったなと思うのは、やはり料金です。大手キャリアを使用していた時の月額料金は大体9,000円でした。スマートフォン代を差し引いても7,000円ほどで、使っていない機能も多くかなり無駄があったように感じます。しかし格安SIMでは3,000円ほどしかかかっておらず、大分無駄がカットできているんだなと嬉しく感じています。今のところ外でのインターネット通信でときどき制限がかかってしまうことぐらいしか不便を感じていません。その制限も大手キャリアでは月末にあったことですし、Wi-Fiを使えば解決するのでさほど不満ではありません。今自分が支払ってる料金に無駄が多いかもと感じている方は格安SIMを検討するのがオススメです。

女性 20代 パート・アルバイト

まとめ

キャリアから格安SIMにすることで、月額料金が安くなるのはもちろんのことです。しかし、キャリアメールが使えなくなる、キャリアと比べて通信速度が遅くなる、LINEモバイル以外のMVNOではLINEのID検索ができなくなるということを頭に入れたうえで、格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

キャリアからの乗り換えにおすすめのMVNO
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
UQ mobileMVNOでも数少ないau回線を使用しており、最近ではCMでもよく観かけるMVNO!無料通話コミコミ1,980円~のぴったりプランやたくさんネットやアプリを使用する人向けプラン2,980円~のたっぷりプランなどニーズに合わせて選べます!
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
LINEモバイルLINEモバイルなら主要SNSの通信量がかかりません。LINE、Twitter、Facebook、Instagramをたくさん使う人に嬉しいサービスとなっています♪また、月額利用料金に応じてLINEポイントがもらえます!