格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

違約金を支払ってまで格安SIMに乗り換えるほうがお得なの?

値段の安さから格安SIMに乗り換えを検討している人も多いと思いますが、違約金を払ってまで格安SIMに乗り換えるのはお得なのでしょうか?今回はdocomoと契約している場合を想定して調べてみました。

違約金を支払ってまで格安SIMに乗り換えるほうがお得なの?

大手キャリアの解約システムどうなっている?

大手キャリア(docomo、au、SoftBank)は契約をする際に2年間の契約を条件とし、大幅な割引を行うかわりに途中で解約をした場合や更新月でない月に解約する場合は、解約金として9,500円(税抜)が発生するシステムを設けています。このシステムは「2年縛り」と呼ばれており、格安SIMを検討するときに大きな要因となっています。

大手キャリアで2年間利用した場合はいくら?

大手キャリアで最大の顧客数を誇るdocomoで、2年間スマートフォンを契約した場合の料金を確認しましょう。docomoのプランで標準的であるカケホーダイ、データSパックの場合、月額使用料は約6,500円(税抜)となります。これに端末代金が月額1,000円~2,000円(税抜)といったところですので、平均1,500円(税抜)とすると総額約8,000円前後になります。これを2年間、24ヶ月間利用した場合は8,000円(税抜)×24ヶ月=192,000円(税抜)となります。※事務手数料は含んでいません。なお、このプランの場合はデータ通信容量2GB、電話はかけ放題のプランですので格安SIMでもほぼ同様のプランで調べてみましょう。

格安SIMで2年間使用した場合の金額は?

次に格安SIMで2年間使用した場合の金額です。MVNO業者はランキング上位に入り続けている楽天モバイルを選んでみます。SIMカードは通話SIMを選択してMNPを行い、データ容量は同じ2GBのプランはないので、近い数字の3.1GBプランとします。使う端末はdocomoで解約する前に利用していたスマートフォンをそのまま使うものとします。この場合の月額利用料は1,600円(税抜)となり、2年間では1,600円(税抜)×24ヶ月=38,400円(税抜)となります。docomoの場合は月額使用料だけで約6,500円でしたので、約1/4に抑えられています。

違約金を支払って格安SIMと契約した場合の料金

ではdocomoを3ヶ月で解約し、MNPを利用して楽天モバイルへ乗り換えたとします。docomoを解約する際に解約料9,500円(税抜)+MNP転出料金5,000円(税抜)=14,500円(税抜)がかかります。さらに端末代金の残金がありますので、月額1,500円(税抜)として支払っていない残りの21ヶ月間分の代金が1,500円(税抜)×21ヶ月=31,500円(税抜)となります。これを合わせると14,500円(税抜)+31,500円(税抜)=46,000円(税抜)となります。これに加えて3ヶ月はdocomoで支払っていますので8,000円(税抜)×3=24,000円(税抜)がかかっています。以上により、docomoを3ヶ月で解約して楽天モバイルに乗り換えた場合の2年間の料金は、3ヶ月docomo使用料24,000円(税抜)+解約料・端末料46,000円(税抜)+楽天モバイル21ヶ月使用料38,400円(税抜)=108,400円(税抜)となりました。※事務手数料は含んでいません。

違約金を支払って格安SIMに乗り換えるのはお得

docomoで2年間使用した場合、約192,000円(税抜)となり、docomoを3ヶ月で解約して楽天モバイルに乗り換えた場合は約108,400円(税抜)となりました。結果docomoの場合は、途中解約して違約金や端末代金の残りを支払ったとしても、docomoでそのまま2年間使用するよりも83,600円もお得になるという計算結果になりました。1年あたり41,800円もお得になることから、安いSIMフリー端末であればもう一台購入できるぐらいお得になることがわかります。

数字に表れてない格安SIMに乗り換えるときの注意

端末をキャリアで購入したときにほぼ端末補償がありますが、格安SIMに乗り換えて、それまで使っていたスマートフォンをそのまま使用する場合、端末補償はなくなってしまいます。そのため、万が一の故障や水没などのトラブルが起こった場合には、端末の買い換え費用が別途発生しますし、買い替えができるまでは携帯が使えないという事態に陥ります。楽天モバイルの場合では、他社で購入したスマートフォンであっても事前登録を行っていれば、月額500円で修理保証のサポートが受けられます。

格安SIMに乗り換えたときにスマートフォンをそのまま利用する場合は、端末補償に忘れずに加入するか、バックアップにもう一台SIMフリースマホを用意するなど、自衛策が必要でしょう。

まとめ

結論からすると解約手数料を支払ってまでも格安SIMにしたほうが、お得になるという結果になりました。また格安SIMに変えるのが早ければ早いだけ、料金面でより恩恵が得られることになります。是非、格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。

おすすめのMVNO
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用!自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
UQ mobileMVNOでも数少ないau回線を使用しており、最近ではCMでもよく観かけるMVNO!無料通話コミコミ1,980円~のぴったりプランやたくさんネットやアプリを使用する人向けプラン2,980円~のたっぷりプランなどニーズに合わせて選べます!
DMM mobileデータ通信のみで月額440円から音声通話付きで1,140円~と価格が安く、試しにMVNOと契約して使ってみたいという方におすすめ!
IIJmio老舗の格安SIMといったらIIJmio!通信のノウハウに自信があり、高品質な通信を提供しています。docomoとauの両回線を扱っているので乗り換えも簡単にできちゃいます!