格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

【格安SIMご意見箱】格安SIMの電波状況や通話品質はどうなってるの?

今回は「MVNOの電波状況や通話品質はどうなってるの?」というテーマで、皆さんから意見を聞いてみました。

【格安SIMご意見箱】「格安SIMの電波状況や通話品質はどうなってるの?」

テーマは「MVNOの電波状況や通話品質はどうなってるの?」

大手キャリアからMVNOへ乗り換えるとき、「本当に電波状況は大丈夫なのか」、「ちゃんと通話できるのか」などで不安になる人が多いのではないでしょうか。今回はMVNOの電波状況や通話品質について皆さんに聞いてみました。

もったいないですよ!

特に問題ないですよ。SoftBankからOCN モバイル ONEに乗り換えて使っていますが、普通に通話できてます。最近はLINE通話の方が多いのですが、そちらもちゃんと使えています。OCN モバイル ONEにはIP電話でお得に通話を利用できるアプリがあって、そちらから固定電話にかけるとさらに安い金額で利用できるので、病院やお店にかけるときに利用しています。しっかり使えて月々の支払う料金は安くなっているので、キャリアのままでいるなんてもったいないと思います。

女性 50代 主婦

意外と使える格安SIM

nuroモバイルを使っています。主に東京23区内での使用ですが、今まで電波状況が悪くて通話ができなかったことはないです。外出時に歩きながら通話していても、気にならないレベルです。通話の品質はdocomoやauに比べてもさほど悪くないように思います。データ通信は実質docomo回線なので、お昼休みや夕方の帰宅時など、多くの人が利用する時間帯では少し遅いかなと感じますが、通話に関してはほぼ影響はないと思います。

男性 40代 会社員

格安SIMを利用したスマートフォンの通話品質について

格安SIMを利用しているスマートフォンで通話の音質が悪いという場合、その原因のほとんどはIP電話を利用しているためと考えられます。IP電話は050から始まる電話番号をもつもので、インターネット回線を使って通話を行うため、キャリアと比べると電波がつながりにくい傾向にありますので、通話品質も悪くなりがちです。しかし格安SIMでも音声通話プランを契約して080、090から始まる電話番号を利用すれば通話品質の問題を解決することができます。この場合はdocomoかauのいずれかの通信回線を利用することになるので、キャリアと同程度の通話品質で電話することが可能となります。格安SIMを使いたいけど通話品質が気になるという方は音声通話プランを利用することをおすすめします。

男性 30代 自営業

まったく差を感じることはありません

田舎住まいで楽天モバイルの格安SIMを使用しています。毎晩電話をしていますが、特に電波が悪いと感じたことは一度もありません。音質もいいですし、電話が途中で切れたりすることもありませんでした。使用している感じでは、以前使用していたauのスマートフォンとの電波の違いは感じませんでしたし、友人のdocomoのスマートフォンと比較しても特に違いはありませんでした。通話音質にとてもこだわりのある人ならば違うかもしれませんが、普通に使用する分には問題ありません。

女性 30代 パート・アルバイト

通話も電波も格安SIMだからといって悪いと感じたことはない

私が使用しているのは楽天モバイルの格安SIMですが、電波の状況が悪いと感じたことはありません。仕事で頻繁に通話をしますが、どこにいても相手の声がしっかり聞こえます。相手からも聞き返されたことはありませんから、通話の音質に問題はないと思います。むしろ以前使用していたdocomoのガラケーよりも相手の声が聞こえますし、相手からも私の声がよく聞こえるようになったそうです。格安SIMだからといって、電波状況や通話の音質について特に問題はないと思います。

男性 30代 自営業

格安スマホは通話の音質も気にならない

格安スマホは大手キャリアに比べて、低価格で便利な反面スペック面で劣るイメージが強いと思います。しかし電波悪い=通話の音質が悪いとはならないと思います。理由として格安スマホはスマートフォン本体のスペックが低い場合もありますが、これまで私が楽天モバイル・mineoを使ってきて、電波のことや通話品質について気になったことがないからです。違いとしては通信速度の違いだけではないでしょうか。

男性 20代 自営業

格安SIMでも遅くない!

格安SIMと聞くとキャリアよりも通信速度が劣っているイメージがあると思います。たしかに初期の格安SIMではそうでしたが、最近はかなり改善されてきています。まず初期の格安SIMはdocomo回線のものしかなく、山間部や地方に行くと電波が弱かったのですが、現在au系の格安SIMも登場しており、auの強みである地方での通信環境の強さが格安SIMでも適用されています。通話の音質は格安SIMで扱える回線の速度で決まりますので、利用するエリアによって格安SIMをdocomo系かau系にするのかを決めればよいと思います。

男性 30代 会社員

格安SIMの電波の受信状況と通話の音質は?

MVNOは自社で回線を持っておらず、MNOから借りてサービスを提供しています。MNOと同じ回線を使用しているため、電波状況も音質も同じです。それでもSIMフリー端末を利用している場合は電波の受信状況が弱く感じることがあります。MNOで提供する端末を利用している場合は、端末が販売しているMNOに最適化されているため、端末によって電波の受信状況が悪くなるという現象は少ないです。FREETELのように回線と自社で開発している端末を提供しているMVNOを利用すれば、比較的電波の受信状況が良好だと思います。

男性 40代 会社員

格安SIMでも電波や音声の品質は問題ない

回線環境によって音質が異なることは確かにあります。格安SIMに関しては、特に左右されると思いますがUQ mobileはその例外と考えます。UQ mobileを運営している会社がKDDIのため、音声通信や速度の安定性に強みをもっています。MVNOの中でも最上位のクリアな音質を実現できていますし、高音質通話のVoLTEにも2015年から対応するようになりました。料金面やデータ容量の側面は除きますが、通話品質に関しては大手キャリアとMVNOのUQ mobileには差がないと思います。

男性 20代 会社員

電波状況・通話音質ともに大変満足しています

半年前から楽天モバイルを使っていますが、電波状況・通話音質ともにまったく問題を感じません。乗り換える前までは長年auユーザーだったのですが、電波状況に関しては楽天モバイルにしてから、むしろよくなったように感じます。これは楽天モバイルがdocomoの回線を利用していることが理由なのかもしれませんが、どちらにしても乗り換えてから電波が途切れるということはなくなりました。(以前はしばしば繋がらないことがありました。)通話音質については携帯端末に左右されることもあるかと思いますが、今使っている端末では雑音も少なくクリアな会話ができています。

男性 40代 自営業

初心者におすすめのMVNO
UQ mobileスマートフォンをがっつり使いたい人であればUQ mobileのたっぷりプランがおすすめ!最大25ヶ月の間、6GBの容量と無料通話まで付いてきて、スマートフォンの機能を存分に使用できます!
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!