格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

docomoの端末で格安SIMを運用するには?

SIMロック解除が大手キャリア会社(docomo、au、SoftBank)で義務化された現在、比較的簡単にMVNOへ移ることが可能となりつつあります。今回はdocomo端末で格安SIMを運用する方法をまとめてみました。

docomoの端末で格安SIMを運用するには?

docomo端末は格安SIMで運用しやすい

docomo端末が格安SIMを運用しやすい大きな理由として、同じdocomo回線を利用しているMVNOであればSIMロック解除をせず、格安SIMの利用が可能です。これは、docomo回線を使用しているMVNOの格安SIMが、docomoから提供しているSIMと同一であることが関係していて、docomo回線の格安SIMを使用する場合は、docomoのブランドネームが記載されているスマートフォンや、docomoによる機種を表す記号が付与されているスマートフォンであれば、原則そのままSIMカードを差して利用することができます。

docomo端末をMVNOで運用する利点

docomo回線を使用しているMVNOであれば、SIMロック解除は不要であると記述しましたが、さらにdocomo端末を利用することの利点として、MVNOの大多数が、docomo回線を使用している点だといえます。つまり、多くのMVNOの中から自分に合ったサービスを提供しているMVNOとプランを選ぶことができ、ほぼSIMロック解除なしで、利用ができます。

必ずMVNOの公式サイトにある動作確認端末一覧を確認しましょう

docomo端末とdocomo回線を使用しているMVNOの組み合わせであれば、基本的に問題はありません。ただし、各MVNOの公式サイトにある動作確認端末一覧に使用したい端末が記載されていない場合は注意が必要です。これは端末の通信方式が関係しているようですが、端末の動作保障がされていないMVNOと契約するのは、極力避けた方が良いでしょう。

docomo端末と格安SIMで利用できない機能

一方、docomo端末を使用してMVNOと契約をすると利用できない機能があります。それはテザリングの機能です。2016年夏モデル以降の端末など一部可能な端末もありますが、それ以前の端末はできないと考えるべきでしょう。

なぜテザリングが使用できないのか

docomoの端末はインターネットのAPNとテザリングのAPNが異なっており、用途によって、強制的にAPNが切り替わるようになっています。MVNOと契約した場合、MVNOのAPNを設定すれば、インターネットは使用できます。しかしテザリングを行った場合、強制的にテザリング用のAPNに切り替わりますが、docomoのSIMでない限り、テザリング用のAPNを使用することはできません。結果、格安SIMとdocomo端末の組み合わせでは、テザリングが使用できないということになります。

ただ、外出時でも無料や有料のWi-Fiスポットや格安でモバイルWi-Fiの購入ができることなど、十分にテザリングを補うことが可能です。そちらを検討しても良いかもしれません。

docomo端末で格安SIMを運用する方法

現在docomoと契約していて、docomoから購入したスマートフォンを利用しているのであれば、docomoからMVNOへMNP制度を使って移動し、提供された格安SIMをdocomoから購入した端末にそのまま差して使用すれば問題ありません。

iPhoneも同様に可能

日本でも人気を誇るApple社販売のiPhoneで、格安SIMのサービスを利用したい!という方が増加しています。docomoで販売しているiPhoneシリーズは、iPhone 5s/iPhone 5c以降のモデルとなっています。docomoから販売されているiPhoneをdocomo回線のMVNOで運用する場合は、SIMロック解除は不要です。

ちなみにdocomoで購入したiPhoneは、iOS8.0以降にアップデートされていれば、docomo回線の格安SIMでもテザリングが可能です。さらにdocomoの中で一番古いiPhone 5s/iPhone 5cでもiOS8.0以降へアップデートができますので、docomoで販売されているiPhone全機種がdocomo回線の格安SIMでテザリングが利用できることになります。

docomo端末を入手するには

docomo端末を持っていない人が、docomo端末を入手する場合は、インターネットのオークションサイトやショッピングサイト、または中古の携帯ショップで購入することで入手可能です。しかし、中古で購入すると価格が高いうえ、安全に使うことができるといった保障がないため、docomo端末を持っていない人はSIMフリー版のスマートフォンを新規で購入したほうが安心安全に使うことができるでしょう。

まとめ

docomo端末を持っている方であれば、大手キャリア会社の中で、MVNOに変更することが一番簡単な端末といえるでしょう。毎月の携帯料金が高いと悩んでいる方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

docomo端末でおすすめの格安SIM
楽天モバイル今一番勢いがあるMVNOといえば楽天モバイル!楽天モバイル通話SIM契約期間中なら、楽天市場でのお買い物の際、もらえるポイントが+1倍、さらに楽天カードや楽天市場アプリの利用でもらえるポイントがどんどん増えていきます!
OCN モバイル ONEOCN モバイル ONEなら音声通話付きSIMが3GB1,800円~ご利用できます。日コースなら一日110MBで1,600円~でさらにお得!MVNOの中でも常に人気があり、初めての方が選びやすい格安SIMとなっています。
mineodocomo回線とau回線を取り扱っているMVNOです。auで購入したiPhoneで格安SIM運用するならmineoがおすすめ!SIMロック解除なしでそのまま利用することができるので、お手軽に乗り換えが可能なんです!!
DMM mobileDMM mobile(DMMモバイル)は業界最多のプラン数で、選択できるデータ容量も最大20GBまで選べます!また、docomo回線を使用しているので、通信環境も安定!アプリやインターネットをたくさん利用する方にはおすすめです!