格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

初心者におすすめの格安SIMプラン5選!

「格安SIMは安くて興味はあるけど、MVNOの会社がたくさんあって、どこが良いかわからない!」って悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめの格安SIMプランをご紹介します。

この記事のタイトル

初心者の人におすすめの選び方

MVNOのプランというのは、データ専用SIMや音声付SIMの選択に加え、月に使用できるデータ量などから決めていきます。また、一定時間の通話が無料だったり、SNSのデータ量が0であったりと各MVNOによってお得なサービスが様々です。まず、今使用している携帯電話の毎月の使用状況を確認し、自分が月にどれだけ使用しているのかを把握しましょう。自分の使用状況を把握した上で、SIMの選択やデータ量を決めていけば良いでしょう。

おすすめプラン5選!

実際に各MVNOの会社から、初心者におすすめのプランを選んでみました。選んだMVNOのお得な部分もご紹介します!

mineo デュアルタイプ

まず、おすすめしたいのがmineo(マイネオ)です。このmineoの特徴はなんといってもdocomoとauの両方の回線を使用しているということです。普通のMVNOはdocomoの回線を使っているところが多いのですが、auもカバーしているところは珍しいMVNOといえ、auから乗り換えようという人には嬉しい形になっています。つまりdocomoかauからの乗り換えであればSIMロック解除をせずとも端末がそのまま使える可能性があるということです。もちろんMNPをすれば電話番号もそのまま使うことができます。

そしてmineoのサービスで嬉しいのがパケットを共有しあえるサービスがある、「パケットシェア」や「パケットギフト」というものがあり、周囲にmineoユーザーがいればパケットが余っている分を分けられたり、逆に足りない時は少し分けてもらったりできるんです。ユーザー目線でサービスを展開しているのがmineoの特徴です。

デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話付き)
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
ドコモプラン(Dタイプ) 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円
auプラン(Aタイプ) 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

DMM mobile ライトプラン音声通話付き

スマートフォンってよくわからないけど格安SIMで安く手に入るなら持ってみたい、という方におすすめなのがDMM mobileです。DMM mobileはなんといっても価格の安さが特徴です。データ通信だけならば月額440円から始められるという価格は気軽に契約ができる上、音声通話を付けても月額1,140円です。ライトプランの場合、速度はあまり期待できませんが、まずは持ってみて、慣れてきてからもっと色々活用したいと言う場合に、プランを後から簡単に変更できる部分もおすすめです。しかも、そのプランは1GBから20GBの9種類もあるんです。自分がどのくらいの容量を月に使用するのか、把握してからプランを変えられるというのもいいですね。スマートフォンデビューや初心者の方にはDMM mobileがおすすめです。

ライト 1GB 2GB 3GB 5GB
通話SIMプラン 1,140円 1,260円 1,380円 1,500円 1,910円

Y!mobile スマホプランS

速度にこだわりたいというのであればY!mobileがおすすめです。Y!mobileはSoftBankとYahoo! JAPANが運営しているため、格安SIMのなかでも貴重なSoftBankの回線を使っています。また、Y!mobileはMVNOではなくMNOの為、自社回線とSoftBankの2つの回線を使用していることによって、通信速度も比較的安定感があるといえます。通常だと少し価格は高めなのですがキャンペーンを頻繁に行っており、キャンペーンを適用できればかなりお得に使うことができます。

そしてY!mobileの嬉しいサービスは無料通話があるということです。これは格安スマホには中々ないサービスです。Y!mobile同士はもちろん、他社のスマホや固定電話など、どこに掛けても月に300回、1回あたり10分以内であれば通話が無料になります。月額が安くても通話料金は安くなかったりするのが格安スマホだったりしますが、通話が多いという方にはY!mobileがいいでしょう。

基本使用料 容量 通話料金
スマホプランS 2,980円 1GB/月 通話料0円/月300回

LINEモバイル LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン

有名アプリLINEが格安スマホをはじめました。そのためLINEをよく使う人は特に親和性が高く、使うだけでLINEポイントが溜まっていきます。さらにプランがシンプルでわかりやすいのも良いところです。月額500円でLINEの通話・トークが使い放題のLINEフリープラン。これは音声通話機能はついていませんがLINEの機能で通話し放題になるというプランです。LINEならどれだけ使ってもデータ使用量に関係がないというのが特徴です。追加で月額はかかりますが、もちろん音声通話機能を追加することもできます。

もう1つがコミュニケーションフリープラン。こちらはLINEだけでなくTwitter、Facebook、Instagramといった有名SNSを使った場合はデータ使用量にカウントされないというサービスです。SNSをよく使っている人には嬉しいサービスです。こういった若者向けのプランを出しているのがLINEモバイルです。お子さんにスマートフォンデビューさせてあげる場合はLINEフリープランがいいかもしれません。

月額基本料金 容量
LINEフリープラン 500円~ 1GB
コミュニケーションフリープラン 1,110円~ 3GB、5GB、7GB、10GB

UQ mobile たっぷりプラン

スマートフォンをがっつり使いたい人であればUQ mobileのたっぷりプランがおすすめです。月額1,980円のぴったりプランと月額2,980円のたっぷりプランがあり、たっぷりプランは最大25ヶ月間で6GBまで使える大容量です。さらに無料通話までついているのが嬉しいところです(無料通話は2017年2月までのサービスとなります)。スマートフォンに必要なものを必要なだけたっぷり詰め込んでいるのがこのたっぷりプランなんです。スマートフォンの機能をフルに使って格安スマホを楽しみたいという方はUQ mobileのたっぷりプランを選ぶといいでしょう。

基本使用料 容量 通話料金
たっぷりプラン 2,980円 6GB/月 7,200円分/約180分

まとめ

いかがだったでしょうか。各MVNOではお得なサービスや独自のプランが採用され、初心者の方でも運用しやすくなり、格安スマホの魅力はどんどん上がっています。まずは、自分の携帯料金と相談しながら決めていきましょう。こちらの記事で、格安スマホを運用するきっかけになればと思います。

今回おすすめしたMVNO一覧
mineodocomoとauの両方の回線を使用していて、どちらの端末からでも契約しやすいMVNO!mineoのサービスで嬉しいのがパケットを共有しあえるサービスがある、「パケットシェア」や「パケットギフト」も魅力的!
DMM mobileデータ通信のみで月額440円から音声通話付きで1,140円~と価格が安く、試しにMVNOと契約して使ってみたいという方におすすめ!
Y!mobileMVNOの中でも、数少ないSoftBankの回線を使用していますが、自社でも回線を保有しており、安定した通信が望めます。一定回数一定時間の無料通話が付いてくるのも良い点です!
LINEモバイル月額500円~のLINEフリープランと月額1,110円~のコミュニケーションフリープランの2種類で展開しているMVNO。とにかくLINEやSNSを多用する人にはおすすめ!
UQ mobileスマートフォンをがっつり使いたい人であればUQ mobileのたっぷりプランがおすすめ!最大25ヶ月の間、6GBの容量と無料通話まで付いてきて、スマートフォンの機能を存分に使用できます!