格安SIM!格安スマホ!シムフリーの巻

Wi-Fiって何?テザリングって何?

現在では、格安SIMやキャリアのスマートフォン、またはパソコン、ゲームなどでもWi-Fiやテザリングは必須となりつつあります。ですが、Wi-Fiとテザリングとはどんなもので、どのように違うのでしょうか。Wi-Fiとテザリングの特長をまとめてみました。

この記事のタイトル

Wi-Fiとは

Wi-Fi(ワイファイ)とは、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、ワイヤレス(無線)でネットワークに接続する技術のことです。自宅や職場でWi-Fiを利用するためには、Wi-Fiルータという専用の端末機器が必要です。

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンやタブレットを介して、パソコンやゲーム機など、インターネットに接続できるようにする機能のことです。Wi-Fiルータのように、スマートフォンやタブレットが基点となり、パソコンやゲーム機などに電波を飛ばしてくれます。

つまり、Wi-Fiルータからスマートフォンやパソコン、ゲーム機をネットワークに接続するのがWi-Fiで、スマートフォンやタブレットからパソコンやゲーム機をネットワークに接続するのが、テザリングということになります。

Wi-Fiルータ(無線LANルータ)とテザリングの種類

Wi-Fiやテザリングには、いろいろな種類があります。

Wi-Fiの種類

公衆無線LAN

公衆無線LANとは、ファストフード店や駅やホテルなど、多くの人が利用する施設において有料・無料で提供される無線LANスポットのことを指します。無料の公衆無線LANは、会員専用であったり、利用時間が限られていたりしますが、有料の公衆無線LANでは、月額数百円のところが多く、気軽に利用できるようになっています。外出時にスマートフォンを使用する際は、公衆無線LANを利用して、データ容量の節約をすることはよくあることです。

Wi-Fiルータ(無線LANルータ)

自宅でWi-Fiを利用する場合、Wi-Fiルータ(無線LANルータ)が必要です。契約しているプロバイダからレンタルされているモデムと、Wi-Fiルータをつないで無線で飛ばします。(最近はモデムとWi-Fiルータが一体化しているタイプも存在します)

常にコンセントにつないで利用するため、電池切れの心配がありません。自宅の場合、パソコンだけでなく、プリンターやテレビ、ゲーム機というように複数台使うことが多く、有線では対応できない場所でも、Wi-Fiなら電波が届く範囲ならどこにいても通信可能です。ただし、有線と比べて通信が安定せず、つながらない、切断されるといった現象が起こります。

モバイルWi-Fiルータ

モバイルWi-Fiルータは、小型軽量なWi-Fiルータのことで、気軽に持ち運びができます。モバイルWi-Fiルータを持ち歩くことで、携帯電話と同じように場所を選ばずに通信が可能です。大きな特長として、契約プランによっては通信容量が無制限にできること、さらに複数台の機器を同時に接続できることが挙げられます。

テザリングの種類

Wi-Fiテザリング

最も一般的な接続方法です。スマートフォンやタブレットを介して、パソコンやゲーム機などのWi-Fi対応機器に電波を飛ばします。

Bluetoothテザリング

Wi-Fiテザリングと同じく、無線での接続方法です。Wi-Fiと比べると通信できる距離が短く速度は遅くなります。しかし、消費する電力が少ないため、スマートフォンやタブレットのバッテリー持ちの良さが特長です。

USBテザリング

USBケーブルを使用して直接つなぐ接続方法です。USBポートのある機器への接続に限られますが、利用方法はUSBケーブルでつなぐだけなので、簡単に接続が可能です。通信速度は3つの中で一番速い方法となっており、パソコンであればテザリングをしながらスマートフォンの充電もできます。

Wi-Fiやテザリングの利用シーン

このご時世、いたるところに公衆無線LANが用意されており、自身の通信量を消費することなくインターネット通信ができますが、セキュリティ保護されていない無線LANアクセスポイントの場合、第三者から通信情報を見られてしまう可能性があり、決して安全とはいえません。

しかし、自身のモバイルWi-Fiルータやテザリングであれば、パスワードがかけられるので、第三者に通信情報を見られることもありません。また、モバイルWi-Fiルータやテザリングが利用できると、電波が入っている場所であれば、どこでもインターネットに接続することができます。それによって、次のようなシーンで利用することができます。

ゲーム機の通信として

Nintendo 3DSやPS Vitaといったゲーム機をオンライン上で利用することができます。今では、ゲーム機でインターネットや動画を観ることも可能になっていて、非常に便利なものになっていますね。2017年3月にモンスターハンターダブルクロスが発売予定なので、好きな場所で楽しみたい人は、Wi-Fiやテザリングを利用できるようにしておくといいですね!

外出先での利用

自宅にいなくてもインターネットを快適に利用することができます。特に仕事や出張、旅行や帰省など、遠方まで行く際は、動画などを気軽に観れると非常に便利ですね。

引越し時のつなぎとして

引越しをしたばかりだと、自宅にインターネット回線が開通されていないなんてこともあるかと思います。そんな場合でも、Wi-Fiやテザリング機能があれば、つなぎとして自宅でインターネットをすることが可能です。

通信量と通信制限について

Wi-Fiとテザリング、どちらを使うにしても気になるのが通信量です。何台で使うのか、どんなことに使うのかにもよりますが、MVNOによっては3日間の上限データ量が決まっていることがあり、大容量使いすぎてしまうと通信制限されてしまう可能性があります。

しかし、通信制限しないMVNOなら契約しているデータ量内であれば制限されないので、大容量使う人は以下のMVNOのプランを選ぶと良いでしょう。

モバイルWi-Fiルータとスマホ/タブレットでのテザリング、どちらがいいのか

モバイルWi-Fiルータとスマホ/タブレット、どちらにしても欠点があります。

モバイルWi-Fiルータの場合、どこかへ移動するたびに一緒に持ち運ぶ必要が出てきます。カバンなどに入れておくなら、そこまで負担にはなりませんが、ちょっとした移動のときでもポケットに入れて持ち歩くのは面倒と思う人もいるかもしれません。また、モバイルWi-Fiルータ用の充電器が必要になるくらい長時間使用するのであれば、その分荷物が多くなってしまいます。また、それ用に端末を購入しなければならないため、費用がかかります。

逆に、テザリングの場合、その端末があればいいので、専用の端末を購入する必要がなく、荷物が増えることはありません。しかし、バッテリーの減りが早いので、使用する時間が長いなら端末の充電が必須となります。ちなみに、テザリング中でも端末の操作や通話が可能といわれていますが、auでは通話中はテザリングが切断され、通話が終わると再開するようです。ほかの回線でも通話が優先され、テザリング中の速度が落ちることがあるようなので、安定した速度で使い続けたい場合はモバイルWi-Fiルータをおすすめします。

通信速度や安定性について

一般的にはモバイルWi-Fiルータのほうが速度が速く、通信が安定しているイメージがありますが、iPhoneのテザリングでモンスターハンタークロスをやった結果、通信が切断されることもなく、快適に遊べたそうです。今はどの端末も進化しているので、端末よりも通信制限で遅くなるといった問題のほうが大きいようです。

docomoやauの端末はテザリングができるのか?

docomoやauで購入した端末を格安SIMに変更した場合、テザリングが可能かどうかは、格安SIMを差す端末によって大きく異なってきます。

docomoの端末の場合

docomo系MVNOのSIMをAndroid端末に差して使用する場合、テザリングの使用ができなくなってしまいます。これは、docomoのAndroid端末のAPN(アクセスポイント名)が特殊な仕様になっていることが原因です。ちなみに、docomoで購入したiPhoneの場合は、テザリングが可能になっています。

auの端末の場合

auの端末の場合は、Android端末であればau回線のSIMに限り、テザリングの利用が可能です。しかし、auで購入したiPhoneに関しては、テザリングは使用不可となります。

また、docomoで購入した端末をau系MVNOで、auで購入した端末をdocomo系MVNOで使用した場合は、テザリングの使用はできません。